人生で必要なことはすべて筋トレで学べる。『筋トレは必ず人生を成功に導く』を読む

筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学

出世したい。自分に自信を持ちたい。異性にモテたい。そんなあなたにおすすめなのがこちら。

Testosterone (著)『筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学』の読書感想です。

この本について

「ともかく筋トレしろ。そうすれば人生が変わるぞ。成功できるぞ」という筋トレ礼賛本。

人生を変えたい。成功したいなら自己啓発セミナーではなく筋トレをスタート。その理由がこちらです。

以下、本書の読書メモです。

なぜ筋トレすれば仕事の効率も上がるのか(P20)

筋トレをすれば要領の良い人間になれる。なぜなら、筋トレをする過程で、物事を要領よく合理的に処理していくための思考が身につくから。

だから、筋トレをしている人ほど、一流の人が多い。

筋トレで自信をつける(P39)

筋トレをすれば、あらゆる面で自分に自信が持てる。

筋トレによる成功体験による自信、見た目が変わることによって得られる自信、ホルモン効果による自信。

ということで、自分に自信を持ちたいなら筋トレをするのが手っ取り早い。

物理的な強さはバカにできない(P66)

筋トレして物理的にマッチョな肉体を手に入れると、周囲から、「こいつを怒らせてはいけない」というような、動物的恐怖を相手に与えることができる。

世の中は結局弱肉強食。

いじめっこはいじめても反撃してこない、弱そうな人をターゲットにする。そこで、筋トレをして体を物理的に強化することによって、本能的な部分で強くなれる。

それに、鍛えられた外見を手に入れることによって、周囲から自然と畏怖され、その他大勢の雑魚扱いから抜け出すことができる。

つまり今よりもっと重要人物になりたければ、外見から入ることはとても大切。

リーダーらしい周囲を引きつけ、恐れさせる外見を手に入れる。そのためには、筋トレはまさにぴったり。

モテたいなら黙って筋トレ(P95)

筋トレすれば男女問わず、異性からモテやすくなる。それは体を鍛えることによる視覚効果だけでなく、ホルモンによって、異性を引き寄せやすくなるから。

モテるためには、理屈云々以前に、動物的本能を刺激することが大切。筋トレはまさにそれを刺激するトリガーとなる。

筋トレで護身術習得(P129)

筋肉をつけることは、いじめやパワハラを予防する上での、効果的な武器となる。

いじめやパワハラを受けないためにまず大切なのは、そのターゲットにならないような、物理的強さ、雰囲気を手に入れること。

つまり、「俺にちょっかいを出すやつは、痛い目に遭うぞ」というキャラになることが大切。

この意味で、筋トレして自分の体を強化することは、まさにビンゴ。いじめやパワハラを予防する、大きな武器になる。

感想

文体はハードボイルドなワイルド系マッチョですが、著者の「僕」という一人称がほのぼのしていて面白い本。

内容は早い話、筋トレ礼賛で、特に噛み砕いて説明すべき点はありません。

数百ページにわたって、ひたすら、

「筋トレしなさい、そうすればこんなメリットがあります」

という内容。

いわば筋肉系自己啓発書とでも言える本なのですが、言っていることはシンプルだけど、なぜか、

「それじゃ、筋トレでも始めてみるか」

という気持ちになるのが不思議です。

ということで、人生を変えたい。出世したい。自信を持ちたい。モテたい。そういうときはこの本を読んで筋トレ。

シンプルですが、体を鍛えるで、文字通り自分が変わるかもしれませんね。

本の購入はこちら

コメント