筋トレすると人生が変わる科学的根拠がこれ。『超 筋トレが最強のソリューションである』を読む

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

「筋トレすれば具体的に何がどう変わる?証拠はあるの?」というあなたにおすすめ。

Testosterone、久保孝史著『超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由』(文響社)の読書感想です。

この本について

筋トレ系自己啓発著として有名な著者が、なぜ筋トレをすると人生が変わるのか。

筋トレの効果について、科学的な根拠を説明しつつ、「なぁキミ、筋トレしよぜ」と語っている本。

今までの著者は「ともかく筋トレしようぜ」的なノリが強かったですが、本書では、スポーツ科学を研究している研究者との対談形式になっています。

そのため、筋トレがただの根性論ではなく、一定の根拠を持って、その効果効能が解説されています。

このため、本書は非常に、筋トレ系自己啓発書として、エネルギーを感じつつも、

「これだけ効果が見込めるなら、筋トレを始めてみるか」

という気持ちにさせてくれる内容になっています。

基本的に筋トレの期待できる効果としては、今まで語られていること同じ。自信がつく。モテる。人間として一皮向けられる。

そんな話ですが、筋トレでQOLアップ。その根拠を詳しく理解したい人に、おすすめの内容になっています。

感想など

「ともかく筋トレしようぜ」という今までのノリも好きですが、なぜ筋トレをすれば人生が変わるのか。

科学的にはどんな根拠に基づいて筋トレをすすめることを云々しているのか。それが理解できて面白い本でした。

とはいえ、個人的には別に「ともかく筋トレせよ」的な脳筋的なノリも嫌いではありません。

人生、何かを始めるのにいちいち理由はいりません。まずはともかくやってみる。それで実際に効果があるかを確かめる。

効果がないこと。つまらないことはやめればいい。それで十分だと思っていますが、なかには、なぜそれをするのか。理由がなければ動けない人もいるかもしれません。

本書では、筋トレで人生が変わった人の体験も漫画で紹介されているので、こういうのを読むのもまた、何かを始めるために大切なことかもしれません。

ということで、自己啓発的な意味で筋トレに興味を持っている。そんな方には本書はぴったり。

読み終わったあとはきっと、ジムに電話をかけている自分に驚くかもしれません。

本の購入はこちら