【Ver1.07】『信長の野望・大志』の決戦スキップに致命的なバグを発見

決戦スキップ

『信長の野望・大志』の最新verである1.07をプレイしていると、決戦にておかしな現象に遭遇。

こちらはオリジナル武将の大名で志は「独立独歩」。兵士数総勢23万、部隊数9、武将数27で全員S級の武将を用意。

対するは北条氏康家。

敵の部隊数は3、武将の質はB級、兵数は1万たらず。戦場は駿府館で、最大兵数は10万。おまけに守備側有利の補正もこちら側にあり。

そのため、

「これは決戦スキップで余裕だろ」

と思っていたらなぜか敗北。

あっけにとられ、セーブデータをロード(決戦スキップの判定がいい加減で雑なので、基本的に信用していません)。

再度、決戦スキップの判定メッセージを読むと・・・。

「自ら決戦しなければ勝利できません」

的なメッセージが。

はぁ?どういうこと?

兵士数上限は10万の戦場でこちらの方が兵士数も部隊数も多くて武将の数も多いのに、なんでそんな意味不明な判定になるんだ?

と唖然。もう一度スキップを試したら見事敗北。

それで仕方なく自分で決戦をすると、こちら兵数10万9部隊。敵1万で3部隊。全軍突撃でソッコー終了。

これをなかったことにして再び進軍。韮山城を落とし、さらに小田原城へ進軍。

すると北条軍のゾンビ軍(大志の致命的にダメな点)1万が登場。今度も戦場の兵数上限は10万だし、決戦スキップ余裕のはず。

ところが再度、

「自ら決戦しなければ勝利できません」

的なメッセージが。

その後、久留里、国府台でも同じ現象が発生。

つまり、

・こちらが守備側で守備側優勢の補正あり

・戦場上限が多い決戦場

・味方の兵士数&部隊数>>>>>>>>>>>>>>>>>>敵(10万VS1万とか5000とか)

・味方の武将の質>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>敵

という、絶対に負ける要素がない状態で、

「自ら決戦しなければ勝利できません」

という、おかしな判定が出る状況。

ここにきて、この決戦スキップの機能に致命的なバグがあることを確信。

1度ならずも2度、3度とこうなるということはあきらかに仕様上の不具合と考えるのが自然でしょう。

最初からこの決戦スキップ機能はいい加減だと思っていましたが、バグがそのままになっているよう。

『大志』の売りは決戦だし、決戦しかやることがないゲームなのに、こういういい加減な仕様はホントに勘弁して欲しいなぁ・・・。

それとも「決戦スキップなんて邪道だ!決戦は自分でやれ」ということなんですかね。

ということで、決戦をスキップする際は要セーブ。ときどきおかしな判定になるので、利用のさいには注意しましょう。

判定を信頼してしまうと、

「その結果はどう考えてもおかしいでしょう・・・」

という結果に草を生やすことになるので。

『信長の野望・大志』の記事まとめへ

コメント