教養

文芸・文化・芸術

突然「旅に出たい」と思ったので『おくのほそ道』を読んでみると

角川ソフィア文庫版の『おくのほそ道』の読書感想を書いています。日本人ならやっぱり芭蕉。これを読めばそのことを実感します。
文芸・文化・芸術

良い楽器には魂がこもっている。『ストラディバリウスの真実と嘘』の読書感想

ヴァイオリンの修復・鑑定の第一人者、中澤宗幸著『ストラディバリウスの真実と嘘』の読書感想です。
趣味・実用

これを片手に歩けば東京観光ももっと楽しく。『東京建築さんぽマップ』を読んで

東京都内の近代建築をエリア別に解説。東京観光をもっと楽しめる本『東京建築さんぽマップ』の内容と感想です。
文芸・文化・芸術

ヨーロッパにおけるイスラム系の移民問題を考える本『ヨーロッパとイスラーム』を読んだ感想

オランダやドイツ、フランスのイスラム系移民問題を考える内藤正典著『ヨーロッパとイスラーム』を読んだ感想、本の内容を書いています。
文芸・文化・芸術

日記で日本人を考察。ドナルド・キーン著『百代の過客』を読んだ感想

日本の日記文学で日本人を考察する名著ドナルド・キーン著『百代の過客』を読んだ感想を書いています。
文芸・文化・芸術

世の偽善を軽快に斬る傑作『侏儒の言葉・西方の人』を読んで

芥川龍之介『侏儒の言葉・西方の人』(新潮文庫)を読んだ感想、気になった言葉などを抜粋しています。
文芸・文化・芸術

堀辰雄『菜穂子・楡の家』を読んで

堀辰雄『菜穂子・楡の家』(新潮文庫)を読んだ感想を書いています。
文芸・文化・芸術

堀辰雄『風立ちぬ・美しい村』を読んで

堀辰雄の小説『風立ちぬ・美しい村』を読んだ感想を書いています。
文芸・文化・芸術

人生の根底には共通的なテーマがある?『神話の力』を読んで

神話の奥に潜む深い人間の精神性を追求したジョーゼフ・キャンベルの『神話の力』の感想です。
文芸・文化・芸術

日本の文化&文学をもっと知りたくなる!『私が日本人になった理由』の読書感想

ドナルド・キーン著『私が日本人になった理由』の読書感想です。この本を読めば日本人としてもっと、日本の文化&文学を知りたくなります。