物語

ビジネス・経済

大切なのは人としての在り方だ。『七つの会議』の読書感想

大学を出て会社に就職。上司の指示に従って、サラリーマンとして自分がやるべき仕事をこなしていく。 しかしもし、上司の指示が間違っていたら?人としてしてはいけないことを命令されたらどうするか? サラリーマンとして生きていく男...
ビジネス・経済

「人として」本当に大切なものを問う。『空飛ぶタイヤ』を読む

正しいと思うことは最後まで貫く。勝つか負けるか。そんなことは関係ない。 池井戸潤著『空飛ぶタイヤ』(実業之日本社文庫)の読書感想です。 この本について トラックの脱輪事故をもとに、己の正義と信念を貫き通す男たちの生き様を描...
文芸・文化・芸術

男には、死んでも譲れないものがある!『海賊とよばれた男』の読書感想

男の人生に必要なものは、「何がなんでもやり遂げる!」という強い意志。 百田尚樹著『海賊とよばれた男』(講談社文庫)の読書感想です。 この本について 『永遠の0』『影法師』などでお馴染みの百田尚樹さんの歴史小説。 →あ...
文芸・文化・芸術

人はそれぞれ、いくつも顔を持っている。『プリズム』の読書感想

プリズムを通せば、そこには幾重もの光が。 百田尚樹著『プリズム』の読書感想(幻冬舎文庫)です。 この小説について 資産家の家に家庭教師として働くことになったアラサーの人妻、聡子。 旦那とは友達夫婦的な良好な関係のよう...
文芸・文化・芸術

「理想の人生」を探したくなったら読む本。『上京物語』の読書感想

「人生、こんなはずじゃなかった」と後悔しないために読みたい物語。 喜多川泰著『上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の読書感想です。 この本について 小説風の自己啓発書。 主...
文芸・文化・芸術

醜く生まれた女の、運命への復讐劇!『モンスター』の読書感想

運命を変える、そのためなら何でもする。 百田尚樹著『モンスター』(幻冬舎文庫)の読書感想です。 あらすじ 瀬戸内海に面した古い町。そこにおしゃれなレストランがオープンした。 レストランを経営しているのは絶世の美女、未...
文芸・文化・芸術

夫婦になっても幸せになれない本当の理由。『異文化夫婦』の読書感想

世の中、いろんな夫婦のカタチがある。 中島義道著『異文化夫婦』(角川文庫)の読書感想です。 この本について 『善人ほど悪い奴はいない』や『「思いやり」という暴力』など、独特な思想・人生観を世に問いかけている哲学者、中島義道...
文芸・文化・芸術

せっかくのクリスマスだから、こんなことがあってもいい。『輝く夜』の読書感想

聖夜に起こる奇蹟が人々の人生を変える。 百田尚樹著『輝く夜』(講談社文庫)の読書感想です。 この本について クリスマスに起こる奇跡を描いたショートストーリー集。 人生で様々な悩みを抱えた人々が、クリスマスの夜の奇蹟に...
文芸・文化・芸術

仕事は辛い、だけどもっと辛いのは。『ちょっと今から仕事やめてくる 』の読書感想

全力で逃げる、人生をムダにしないために。 北川恵海著『ちょっと今から仕事やめてくる 』(メディアワークス文庫)の読書感想です。 この本について ブラック企業に勤める若者の人生再生を描く物語。 主人公の隆はそこそこの大...
文芸・文化・芸術

あなたは友のために、自分の人生を棄てることができますか?『影法師』の読書感想

友のために自分の全てを棄てて生きる、そんな男のこんな生き様。 百田尚樹著『影法師』(講談社文庫)の読書感想です。 この本について 江戸時代をテーマに、男の友情、信念を描いた時代小説。 主人公の勘一は貧しい武士の家に生...