「バラ色だけ」の人生は絶対にありえないから。『OPTION B』の読書感想

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

人生では常に次善の選択肢が必要である。

シェリル・サンドバーグ、アダム・グラント著『OPTION B』(日本経済新聞出版社)の読書感想です。

この本について

失恋や失業、挫折、人間関係のトラブルなど、人生がうまくいかなくなったときにどう逆境に立ち向かうかについて説かれたレジリエンスの本。

人生でピンチがやってきたとき、困難に打ちのめされそうになったときはどう対処するのか。この本で、レジリエンスの大切さ、そして人生を諦めないことの大切さを理解できます。

感想など

タイトルに惹かれて購入した本。

内容はいわゆるレジリエンスの本で、フェイスブックに勤務する著者(COO)が、突然夫を失い、そこからいかに立ち直ってきたかが書かれています。

人生は突然困難や苦しみがやって来ますが、そこからいかに立ち直るか。どのようにレジリエンスを発揮して、自分の人生を取り戻していくか。

それがこの本のテーマで、やや著者の体験的な話が多いですが、レジリエンスの本質的な重要性について、よく理解できる内容になっています。

完璧な人生などありえないもの。

生きていればみなそれぞれ、人生でピンチがやって来ます。「想定外」が起こったときに大切なのは「オプションB」、すなわち「次にどうするか?」ということ。

本書で「オプションB」の使い方を考えることは、長い人生、きっとどこかで、役に立つことでしょう。

本の購入はこちら

コメント