マンガで学ぶ実用ウェブマーケティング入門。『沈黙のWebマーケティング』の読書感想

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

SEO、ウェブマーケティングの仕組みをこの本で。

松尾茂起著、上野高史イラスト『沈黙のWebマーケティング』(エムディエヌコーポレーション)の読書感想です。

この本について

マンガでSEO対策やウェブマーケティングについて分かりやすく学べる本。

「ボーン片桐」というマッチョな主人公が、悪いSEO業者に騙された家具家さんのウェブサイトを立ち直していくという話で、ウェブサイトを成功させるために欠かせない、実用的な知識を、マンガで楽しく学べます。

ちょっとマンガがはっちゃけていますが(パソコンがすぐにぶっ壊れそうになったり)、著者の松尾さんはSEOに強いテンプレート「「賢威」」で有名なウェブマーケティングのプロ。

SEO、ウェブマーケティングの重要な要素は別途詳しく説明されています。

例)

・現在SEOの潮流(どこまで対策をしていいいか、してはいけないことは何なのかなど)

・ウェブサイトを販売につなげるための考え方(文章、写真、デザイン、トータルでウェブデザインを考えることなど)

・自サイトの強みと弱みを分析して改善するSWOT分析(強みではなく弱みに着目する)

なので、マンガをスルーしても問題ないですが、マンガは単純に面白いので、ついつい読んでしまいます。

結構分厚い本ですが、構成が面白いというか、読者を引き込む力がハンパなくて、気がつけば読み終えている。おまけにウェブマーケティングからSEOの最低限の知識まで頭に入る。

そんな本になっています。

感想など

面白くてタメになる本。

個人的に特に印象に残ったはライティングの話。人を動かすのは結局文章で、言葉の使い方がどれほど大切か、この本を読むと、それが強く実感できます。

私もブログ、ウェブサイトを運営していて、ネットにお世話になっている人間ですが、本当に、言葉の使い方って大切だと思います。

タイトル、見出し、文章の書き方次第、工夫次第で、結果はガラリと変わってきます。

結局、パソコンの画面の先には人がいて、文章を読んでいます。当たり前のことかもしれませんが、読み手は感情を持った人間。

SEOに凝ったりウェブマーケティングの仕組みを考えることも大切かもしれませんが、根本である「人」を意識して、文章を書く。伝えることを伝える。

そこが大切なのかもしれませんね。

本の購入はこちら