人を引きつけるプレゼンの秘訣が分かる?『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』を読んだ感想

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

「人を引きつけ、商品の魅力を伝えるためには、どのようなプレゼンテーションがいいのか?」

その答えの1つが分かるのがこの本、『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』です。

アップル社の創業者でカリスマ的な人気を誇ったプレゼンの天才、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを分かりやすく分析した本です。

・ストーリ仕立て、ポイントは3段階に話を分ける(主要なメッセージも3つまで)

・良い奴、悪い奴の二項を軸にストーリーを分かりやすく。

・万全の練習を。

など、プレゼンテーションを成功させるための考え方から実践法まで、「ジョブズ流」の方法が分かりやすくまとめられています。

この本は、読むだけでなく、実際自分がジョブズのプレゼンを見ることで、より内容が理解できます。幸い、youtubeにジョブズ本人のプレゼン動画があるので、それを見ながらこの本の内容をチェックすることができます。

ジョブズのプレゼンテーション

本書によると、ジョブズのプレゼンの特徴は、

1・人の目を引くメッセージを用意

2・今の問題点を提示する(既存製品の欠点、問題など)

3・その問題に対する答えを提供(アップルの商品)

4・提供する商品のメリット、強みを具体的かつ分かりやすく伝える

5・行動を呼びかける(「さぁ、買ってくれ!」)

この流れが基調になっているそう。

これに照らし合わせてジョブズのプレゼンテーションを見てみると、「なるほど」と納得、ついついジョブズの話に聞き入ってしまう自分を見つけます。

細かいテクニックやノウハウなどは本書に書かれているので割愛しますが、ジョブズのプレゼンは、まるでハリウッド映画のように話が分かりやすく、簡単に理解できます。

なぜ、今の製品が問題なのか。アップルの製品はどんなメリットがあるのか。そもそも「なぜそれを買う必要があるのか?」が納得できます。

こう文字に起こすと簡単なように思えますが、ユーザーを動かす素晴らしいプレゼンの裏に、ジョブズ流のプレゼンテーション術が詰まっています。天才の術を学びたい方はぜひ。

本の詳細はこちら