「生涯現役」の男を目指すために必用なこと。『枯れない男になる30の習慣』の読書感想

枯れない男になる30の習慣

分かれ道は30代。

平澤精一著『枯れない男になる30の習慣』(幻冬舎)の読書感想です。

この本について

いつも魅力的、仕事もプライベートも充実した男になるための健康指南書。

「女性にモテたい!」

「生涯現役で人生を楽しみたい!」

そんなときに今すぐ実践したい30の習慣がこちら。

以下、本書の読書メモです。

はじめに(P3)

男の元気=テストステロン。

テストステロンこそが男の体だけでなく、精神状態にも影響する重要な要素。テストステロンを多く保てば、男の人生をいつまでも充実させることができる。

テストステロンの役割(P23)

知っておきたいテストステロンの役割。

・メタボを予防する。

・遺伝子拡散機能を強化する。

・女性にモテるホルモンを出す。

・骨髄で血液を作る。

・毛髪や体毛の発育を促す。

・体内時計を維持する。

テストステロンの材料(P31)

テストステロンの材料となるのはコレステロール。

高すぎると危険と言われるコレステロールだが、低すぎてもダメ。コレステロールが低すぎるとうつ傾向になってしまうリスクがある。

そのためコレステロール値は「低すぎず高すぎず」を目標にする。

テストステロンが下がったとき(P41)

体内のテストステロン値が下がると、次のような影響が現れる。

・やる気、決断力が下がる。

・イライラしたり不安になったり、情緒が不安定になる。

・好きなことに興味がなくなる。

・女性に無関心になる。

・記憶力が落ちる。

このように、テストステロンが下がると、男の精神面で大きな影響が出てくる。それによって、仕事やプライベートに張りがなくなり、人生がつまらなくなる。

「最近人生がつまらない」

「仕事のやる気がでない」

「憂鬱で気が滅入る」

などの原因は、テストステロンの低下かもしれない。

週一に鮭を食べる(P56)

老化の原因となる活性化酸素。抗うための成分がアスタキサンチンが役に立つ。これはビタミンEの1000倍の抗酸化作用がある強烈な成分。

アスタキサンチンは鮭(サーモン)に含まれているので、週一に鮭を食べれば、それがアンチエイジングにつながる。

熱いお風呂で体を活性化する(P69)

元気な男の習慣の一つが風呂。

おすすめは、週一、42度以上のお風呂に10分~20分浸かること。身体を熱くすることで、傷んだ細胞を修復。免疫力を高め、元気を取り戻すことができる。

コレステロールが摂れるおすすめ食材(P133)

コレステロールは男の元気の源。摂取できるおすすめ食材はこちら。

1・卵

2・ヒレ肉

3・乳製品

4・レバー

5・魚卵

コレステロールの取り過ぎは良くないが、ある程度はしっかり摂取して良い。卵なら1日2個、「食べすぎない」範囲であれば問題ない。

感想など

男の健康のために今すぐ実践したい習慣が参考になる本。

人生は健康あってこそのもので、30代をこえてそのことを実感するこの頃。見た目はともかくとして、体の中身は確実に老化しているのを実感します。

だからこそ、そして、日々の健康習慣こそが人生の充実度を左右する重要なポイント。

意欲が低下すれば人生あらゆる面がつまらなくなってしまいます。だからこそ、元気、やる気や興味関心は常に持ち続け、したいことができる健康は保ち続けたいところ。

それはもしかしたら、日々のほんの小さな心がけから始まることなのかもしれません。

ということで、私もこの本を参考に、枯れない元気溢れた男を目指します。まずは週一の鮭+コレステロールから頑張ります。

本はこちら