武田勝頼は無能だったのか?『新府城と武田勝頼』を読んで

新府城と武田勝頼

戦国歴史ファンに人気の甲斐の武田信玄。川中島の戦いにおける、上杉謙信との一騎打ちの伝説、最強の騎馬軍団を率いた最強の男。その最強の男の息子が武田勝頼。

勝頼というと、織田信長との長篠の戦いで鉄砲三段撃ちの餌食となり、たくさんの家臣を失い、武田家を滅亡させた「無能」の君主という低い評価がされています。

個人的に、武田といえば、信玄より勝頼に興味があって、武田氏関連の本を読んでいました。この『新府城と武田勝頼』もその一冊です。

こちら本はというと、武田勝頼が建造した韮山の城、新府城に関する研究をまとめたシンポジウムを本にしたものです。

武田勝頼は無能ではなかった!

個人的に勉強になったのは、武田勝頼の人物考察と再評価のところ。

「一般的な評価として勝頼は無能で暗愚、戦争バカという悪い評価がついているが、決して無能なだけの人物ではない」という内容。

武田家が滅んだ要因として、信玄自身の跡継ぎに関する戦略の失敗が、勝頼に負の遺産として引き継がれているとのことでした。

確かに、武田の家は複雑な環境。

武田信玄の父信虎は、今で言う豪腕の経営者。甲斐の国を経営していましたが、息子の信玄と対立。結局、信虎は信玄に家督を奪われ、追い出されてしまいます。

武田家の家督を継いだ信玄ですが、今度は後継者のはずだった自分の息子(義信)と対立。結局息子を殺してしまいます。

・初代武田会社創業者の信虎→息子の信玄に追い出される

・二代目経営者の信玄→父を追い出し、息子を殺す

・三代目経営者の義信→父ともめて殺される

このような環境の中、信玄の後を継ぐことになったのが信玄の四男、勝頼になります。

この勝頼は、同盟国の諏訪氏の殿様の娘と作った子供。そのため、武田家を継ぐ男というより、諏訪氏を継ぐはずの男でした。

しかし、後継者騒動で信玄が長男の義信を殺してしまい、「正当な」跡継ぎがいない状況。そんななか、信玄が病死。勝頼に跡継ぎの席が回ってきます。

しかも、信玄からは「武田の家督は勝頼の息子、信勝に継がせよ」との命令が。つまり、勝頼ははじめからただのつなぎ役で武田家を継いだのです。

先代のつけが次代の負債に

この状況から考えると、いかに勝頼が難しい状況で武田家の家督を継いだのかが分かります。信玄からの家臣たちから「正当な君主」として認められず、勝頼自身が家臣から軽んじられる状況に。

それは、家臣の立場からすれば、正当な殿様ではない→「どうせすぐ変わるのだから、忠誠尽くしてもしかたないだろ」的な空気が漂っていたとしても、不思議はありません。

勝頼衰退のきっかけになったとされる長篠の戦いも、実際には信長の鉄砲ではなく、統率の乱れが敗因に。

武田一門の重臣の穴山梅雪や武田信豊(身内ですよ)が勝頼の作戦に従わず無断撤退する状況。こんな状況で勝てるわけがありません。

運の悪い男

勝頼の時代は信玄の時代とは違い、信長が包囲網を破り、日増しに勢力を増していく時代。外は信長、内はバラバラと、非常に難しい時期に、武田家を率いていたのが勝頼です。

実際、勝頼の功績をみると、武将としては「凡庸」というより、優秀な面が多々あります。信玄の死後は織田・徳川勢に積極的に作戦を展開。領土を拡大しています。

ただ、生まれからして運に恵まれていない男らしく、大勝負のさいの身内の命令違反や上杉氏との同盟の選択ミスなど、「ここぞ」というときの選択が裏目に出ています。

上杉謙信の後継者となった上杉景勝は、滅亡目前で運によって救われています。)

家臣も、信玄のように自分の「子飼い」を作る時間がなく、実際はライバル会社に押され斜陽の会社を継いだ二代目経営者のよう。

しかも、社内からは「あいつを社長とは認めないぞ!」というような社員がたくさんいる状況。条件が悪く、「勝頼は運が悪いな」と感じてしまいます。

歴史は常に勝者の視点から描かれるものですが、敗者の視点から歴史を見てみると、「運」という要素が、人の生死栄光を分けていると感じざるを得ません。

武田勝頼を滅ぼした信長も、そのわずか3ヶ月後に家臣の裏切りで死亡。運が尽きれば、覇者でもあの世です。勝者と敗者も、運命の行方は紙一重かもしれません。

追記

武田勝頼再評価の書、『武田氏滅亡』を読みました。この本とあわせて読むと、より詳しく、勝頼の実像をつかむことができます。

コメント