これで老けるスピードがスローダウン。『これだけで若返りは可能です。』の読書感想

これだけで若返りは可能です。

いつまでも若く輝きたい!

日比野佐和子著『これだけで若返りは可能です。』(東洋経済)の読書感想です。

この本について

男性向けにアンチエイジング習慣を分かりやすく説明している本。

ヘアケアや体型など外見的な若さから、血管や疲労回復度など内面的な若さなど、外と内の両方の面で老化スピードをダウンさせるための習慣が満載。

今日から実践すれば、見た目年齢マイナス10歳の若々しい男を目指せるかも。

以下、本書の読書メモです。

薄毛対策はここから(P15)

薄毛にならないためには普段のシャンプー習慣は見直した方が良い。とくに、男にとってリンスは注意。

含まれている成分によって頭皮に皮脂がつまりやすくなり、抜け毛の原因になる可能性がある。

薄毛対策=頭皮対策なので、シャンプーの頻度を減らし、リンスを使わず、お湯だけで髪を洗うのが良い。

薄毛と食事(P19)

フサフサな男を維持するためには、食事の習慣にも注意した方が良い。

とくに油は重要。普段から脂っこいものばかり食べていると、頭皮の詰まりの原因となるので、注意すること。

育毛剤について(P21)

育毛剤は3ヶ月試して効果を検証する。3ヶ月試してイマイチ効果が出てこない場合、その育毛剤はダメ。違うものに変えること。

食用油はこれで決まり(P45)

普段の料理ではオリーブオイルを使う。動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの上昇を抑えてくれるので、いろんな意味で健康に良い。

食事の考え方(P50)

食事の黄金比率は、朝5割、昼3割、夜2割。朝ほどガンガン食べて、昼、夜と、食べる量を減らしていくのが良い。

トマトでアンチエイジング(P52)

トマトにはリコピンという抗酸化作用がある成分が含まれている。そのため、トマトを日常的に食べることによって、アンチエイジング効果が期待できる。

ウォーキングのコツ(P56)

ウォーキングは大股+早歩きするのが効果を引き出すコツ。消費エネルギーが増加し、ダイエットにも効果的。

病気の原因は血管にあり(P133)

血管の衰えが様々な病気の原因となる。そのため血管がダメになると、病気になりやすくなるだけでなく、体も老化しやすくなる。

逆に言えば、血管年齢を若く保つことができれば、いろんな面で若々しく、健康でいることができる。

血管を若く保つためには、普段の生活習慣の見直しが必要不可欠。食事、睡眠、いろんなことに気を使うこと。

活性化酸素について(P169)

30歳40歳になってくると、同じ年齢の人でも、老けて見える人、若く見える人、その差がハッキリ出てくる。その外見の老化度の差は、体の細胞レベルの若さ。

体の細胞が若い人は見た目も若い。細胞が老いている人は見た目も老ける。このため、外見で若返るためには、細胞レベルの若返りが必要。

そのためには、体内で錆びない体を作ることが重要。ビタミンA・C・Eなど錆びるのを防ぐ栄養を摂取し、体の内側から酸化に抵抗していくこと。

感想など

最近、年を取るのは面白いなと思います。

例えば、地元に帰省し、昔からの友人と会うとき。

なかには「お前は高校生のときから変わっていないぞ」という男がいる一方、「お前はいつのまにそんなにおっさんになったんだ」という男がいて、年齢というのは、必ずしも外見と一致しないことを実感します。

まぁ、男の場合は若く見える=良いこととは限らないので(若いとなめられる場合があります)、おっさん化するのが悪いこととは限らないかもしれません。

ただ、腹ブヨブヨ、いかにもくたびれたおっさんにはなりたくないと感じるこの頃。

そのため、最低限の健康情報はチェックするようにしていますが、食べ物や習慣、老けないためにできることはたくさんあります。

人は老いてしまうのが運命ですが、多少なりともそれに抗って、一度切りの人生でとことん燃え尽きる。そんな人生を送りたいものです。

本はこちら