引っ越すと後悔する!?札幌の住んではいけない場所とは

札幌一望

憧れの札幌で新生活スタート。

その前に必要なのが物件探し。そのために必要となるのが、どこに住めばいいか。そして、どこへ住んではいけないかという、地域的な情報。

このブログでも、札幌での引っ越し先探しの考え方について書いていますが、

「○○は治安が悪い!」

など、具体的な地名を指摘することは意図的に避けています。

というのは、そこで暮らしている方が自分が住んでいる街を「住みにくい!」「治安が悪い!」とか書かれたら、不快に感じると思うからです。

そのため、極力具体的な話は書かないようにするつもりでしたが、札幌に引っ越してきて以来、札幌では「ここは住まない方がいい」「ここに住んでこんなトラブルがあった」という話を聞くのも事実。

ずっと札幌在住の方や、不動産営業の方に聞くと、「ここは住まない方がいいよ」という点で意見が一致する場所があり、そこで暮らすには心配な点があるのも確かです。

引っ越し後に後悔しないために

以上、前置きが長くなりましたが、このページでは「札幌に住むならこのエリアは慎重に検討した方がいいですよ」という話について、可能な範囲で書いてみたいと思います。

「治安がいい」「治安が悪くない」、賛否両論があるエリアはのぞきます。)

日本どこでもそうですが、何も知らずに引っ越してしまうと、引越し後「こんなはずでは・・・」と後悔してしまう場合があります。

それを避けるために必要なのは前知識。

札幌への引っ越しを検討されている方が前知識として知っておくと、安心して物件探しができ、引越し後に後悔する可能性が低くなると思います。

情報の一つとしてお役に立てれば幸いです。

【治安の不安】札幌で住むのを避けた方がいい場所の特徴

まずはじめに、札幌で治安の面で不安があり、安心して住むのが難しいかもしれないエリアの特徴を列挙します。

・生活保護世帯が多い。

・住人にいわゆる夜の仕事の方が多い。

・その筋(893)の事務所がある。

細かい条件はまだありますが、概ねこの3つの条件が揃っている地域では、治安の面で不安を感じる可能性が高いです。

実際、窃盗などの事件が多く、自転車はすぐに盗まれ、車は傷つけられたり、酷いは場合は盗難に遭うなどの被害がよく起こるとのこと。

そのため、これらの要素が当てはまる場所は、生活に不向きと言って間違いありません。住みやすさや治安の面で心配が大いにあります。

「では具体的にそこはどこなのか?」という話ですがエリア的には札幌の東と南の一部エリアが該当します。

具体的な地名を挙げます。

すすきの

まずはじめにすすきの一帯。

東京の歌舞伎町などの繁華街と比べて、すすきのの治安は安全ですが、すすきのは遊びに行くところ。何か特別な事情がない限りは、住むのは控えた方が良い場所です。

菊水

次に、旧赤線地帯(売春街)だった白石区の菊水。ここは大きな道から少しそれるだけで雰囲気がガラリと変わります。

ここに住んでいる人の話を聞いたことがありますが、やはり治安に不安要素があり、「女性の一人暮らしや家族での暮らしは避けたほうが良い」とのことでした。

また、菊水はすすきのまでタクシーでワンメーターの場所。すすきのを職場にされている方も多く住んでいます。その点を留意する必要があります。

中島公園

次に注意したいのがすすきのに近い中島公園。

住人は夜の方が多く、派遣風俗の事務所やラブホテルなど、家族連れにはいろいろ困惑する施設が揃い、その筋の事務所もあるそうです。

そういえば、道外からやって来た横浜出身の某企業の方は、何も知らず中島公園の近くにオール電化の物件を借りたそうですが、引っ越してからすぐ、近くにその筋の事務所があったことを知ったそうです。

さすがに、引っ越したあとにその事実を知るのは厳しいものがありますね。

幌平橋周辺(中の島)

近辺にその筋の事務所はありませんが(と聞いています)、道路から一本道に入ると、くらーい雰囲気が漂っていること。特に「女性の一人暮らしは避けたほうが良い」とのことです。

最後にあと一つ

→後述

以上、札幌で住まない方がいいエリアを挙げてきましたが、もしあなたが、札幌で賃貸を探す機会があれば、すすきの、菊水、中島公園、幌平橋(中の島)について、不動産の営業マンさんに質問してみてください。

きっと、忌憚のない話をいろいろ教えてもらえるはずです。

札幌の東側に住む場合

ちなみに、札幌の東側で暮らす場合の話ですが、西側と比較すると、住むエリア探しに注意が必要となります。

札幌の東側でも東札幌や大谷地や新札幌らへんは生活しやすいと評判で、実際私も新札幌や大谷地へ行きましたが、生活に便利で住みやすい街だなぁという印象を持ちました。

ただ、不動産の営業マンさんが言うには、東側に住むなら地域的な知識(エリア選定力)がないと、引越し後に苦労する可能性があるそうです。

この意味で、東側は賃料が安い分だけ物件のエリア選びに知識が必要なエリアと言うことができるかもしれません。

実際、道外から札幌に引っ越してくる方で東側を選ぶ人は、

・会社が東の方にある

・親戚が東の方にいる

この2つのどちらかの方が多いそうです。

一方、完全道外からやって来た人の多く(札幌に縁もゆかりもない方)は、西側で暮らすことが多いとのことでした。

厚別区のココは要注意?

札幌の東方面で暮らす場合、最後に注意したいのが厚別区のもみじ台の団地区周辺エリアです。

不動産の営業マンさんに、「もし札幌で絶対に住みたくない場所があるとすれば、それはどこですか?」と聞いたところ、挙がったのがすすきのと厚別区のもみじ台団地周辺。

もみじ台団地は札幌でも有名な場所らしく、一言で言うと無法地帯。団地のベランダから排泄物(!!!)を流す住人がいたり、「民度」という言葉が存在しない現実を知ることができる場所だそうです。

住人は古くからずっと住んでいる方+外国人が中心。新しい人が団地の抽選でもみじ台団地が当たると、みな辞退してしまうため、空き室も多数。

行政側も半ば対応をあきらめている感じらしく、「住むには大きな不安がある場所」という話。もみじ台団地近辺の物件は避けたほうが良いとのことでした。

まとめると

以上が、札幌で住まない方がいい場所について、可能な範囲で具体的にまとめました。

実際、引っ越しは住んでみないと分からないことも多いですが、やはり知は力。「知っている」というだけで、避けられるトラブルがあるのも事実です。

最悪なのは、何も知らずに引っ越してしまい、トラブルに巻き込まれてしまうこと。

人生、起こってしまったことはどうにもならないので、大切なのは、問題が起こる前に何とかすること。そのために必要なのが事前準備。

すなわち、どこに住むと治安が高く安全である可能性が高いのか、どこに住むと治安が悪く安全でない可能性が高いのか、という知識です。

新生活では安心に暮らせるのが一番。できる限り、リスク要因は避けたいものです。

「札幌に引っ越すことになった。今度物件を探すが、どのエリアを避けた方がいいのか?」

という方は、情報の一つとして、参考にしてみてください。

「札幌でおすすめの地域はどこ?」という方はこちら

札幌暮らしのまとめ記事へ