札幌の穴場開運スポット。伏見稲荷神社の紹介&市電からのアクセス法

札幌に引っ越して以来、春も夏も秋も冬も、毎月1回は参拝している伏見神社。

こちらはいわゆる開運神社として有名な場所ですが、個人的にも、2016年の2月に初参拝。

ご利益あり!?札幌伏見稲荷神社へお参りに

それ以来、ご利益と言えば不適切かもしれませんが、仕事は順調。不安定な仕事柄にも関わらず、食べていくことができています。

そこで改めて、このページでは札幌伏見神社について詳しくご紹介します。

札幌に来る機会がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

はじめに

伏見稲荷神社は名前の通り、京都伏見稲荷大社の分社。

明治時代に建立された神社で、境内に並んでいる27基の鳥居は、本社である京都伏見稲荷のあの鳥居の道とそっくり。

ご利益としては商売繁盛、五穀豊穣。そのほか恋愛運のアップが期待できるという話です。

伏見稲荷神社に行くには

ただ問題なのがアクセス。

札幌伏見稲荷神社は交通機関でのアクセスが不便な場所にあります。そのため、一番カンタンなのは、レンタカーでアクセスすること。

その他の方法としては地下鉄の円山公園駅からバスで行くのが簡単ですが、正直本数が少なく、時間の調整が必要です。

「循環円10」か「循環円11」。本数で言えば1時間に1本~2本と少ないです。停留所は「慈啓会前」が一番近いです。

そこでこの記事では、本数が多い市電から札幌伏見稲荷神社にアクセスする方法をご紹介します。

札幌に観光に来て、伏見稲荷神社だけでなく、もいわ山ロープウェイにも関心がある方は、ぜひ市電からのアクセスにトライしてみてはいかがでしょうか。

市電からアクセスする方法

春→秋の期間限定です。冬の雪のときはかなりハードな道になりますのでバスかタクシーでアクセスしましょう。

慣れない雪道でのレンタカーは事故のリスクがアップするので非推奨です(伏見稲荷の坂道は相当厳しいです)。

以上、ここからは大通公園の西4丁目から市電で伏見稲荷神社にアクセスする方法をご紹介します。

まず大通公園からなら市電の「内回り」に乗車。

市電のロープーウェイ入り口

するとここに来ます。

市電を下車して右手の交差点を渡ります。

交差点

すると右手にこの看板が見えます。

案内看板

そのまま直進、先へ進んでいきます。すると右手にauショップが見えます。

交差点を渡るとファミリーマートが右手に見えるので、そのまま直進。坂(山麓通り、89号線)を登っていきます。

伏見稲荷へ向かう坂

すると左手にはもいわ山ロープウェイへの道があります。興味がある方はぜひこちらで絶景を楽しんでみてください。

札幌の絶景と言えばここ。藻岩山の絶景を満喫

伏見稲荷神社に直行したい場合は山山麓通りを歩いていくだけ。時間でいうと20分ほど。

この浄水場まで来れば、およそ半分到達です。

藻岩浄水局

この通りにバス停がありますので、時間があえばバスに乗って円山公園経由で戻ることができます。

伏見町高台

ということで、このまま歩いていくと左側に目的地あり。赤い鳥居で目立つので、すぐに気づくことでしょう。

札幌伏見稲荷神社に到着

神社本殿へ

京都伏見稲荷に訪れた方にはデジャブ感がある、鳥居の連なりです。

赤い鳥居

鳥居をくぐっていくと、本殿に到着します。

坂道は傾斜が激しいです。冬は雪がつもり、道が凍ってしまう場合があります。転ぶ危険が高いので、冬場の参拝はやめた方がいいかも。

本殿

一面、赤、赤、赤。

この神社はほんとうに好きで、静かで独特の雰囲気がありつつ、なぜかここに参拝すると体がスッキリ。元気になります。

参拝を終えたら、近くにバス停「慈恵学前」があります。

そこからバスで円山公園に行くか、大量に余裕がある方は、来た道を戻り、もいわ山ロープウェイに乗るかで、札幌観光を楽しんみてください。

最後に

以上が、札幌伏見稲荷神社の紹介&アクセス情報になります。

札幌の開運神社といえば北海道神宮が有名ですが、こちら伏見稲荷神社もかなりおすすめ。

有名度がアップして日本だけでなく海外からの参拝客も増えていますが、時間帯によっては静か。

まさに神社の心地よさを味わえる素晴らしい場所です。

札幌に観光に来る機会があり、神社巡りに興味をお持ちの方はぜひ、足を運んでみてください。

コメント