信濃を国人衆たちだけの手で。『真田丸』第9回「駆引」の感想

第9回

信濃には北条も徳川も上杉も不要!

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第9回「駆引」の感想です。

スポンサーリンク

第9回「駆引」のあらすじ

徳川に北条、信濃を狙う名だたる大名たちを調略によって退けた真田昌幸。

信濃は昌幸の計画通り、昌幸と信濃国人衆がおさめる国となったが、そこで新しい問題が。「誰が」信濃のリーダーとなるか、という問題である。

昌幸ら真田家が大名となり信濃をおさめるのか、それとも信濃を国人衆たちの共同独立国としておさめるのか、昌幸は決断を迫られることになるが・・・。

ドラマの流れ

真田が大名として歩み出す第一歩と第一次上田合戦前夜(?)を描いた回。

まず登場したのは徳川家康。

昌幸の策によって、北条と戦うハメになり困った家康。そこに謀臣本多正信が「旧武田家に仕えた力のあるものを仲間にいれましょう、例えば真田昌幸など」と家康に進言。

一方昌幸はというと、信濃を国人衆でおさめる自治領にすることを狙い、北条を裏切ることを決意。

目の上のたんこぶだった信濃国人衆No.2のオヤジも今回は珍しく昌幸の計画に賛同。信濃は昌幸ら国人衆がまとまっておさめる方向で動いていきます。

(北条の命に従わず軍を動かなさい真田に対して「なぜ真田は動かん!」と北条氏直がキレてるシーンが面白すぎて笑ってしまったw)

まぁ昌幸の本音は最初から決まっていて、「信濃を国人衆共同の自治国にする」というのは周囲を上手く自分の思い通りにするための一芝居。

昌幸は大名を目指すことを決意、北条を裏切り徳川と組むことを決意、信濃、上野の沼田を真田のものにするという約束を取り付けます。

ここでいよいよ昌幸は信濃の大名としてのし上がっていきますが、今回ばかりは真田の思い通りにいかず。

真面目なストーリーは、毎回毎回、本当に面白いです。

感想など

今回はいよいよ、地味だった物語の主人公である信繁に、ようやく主人公らしい見せ場が。

ドラマの始めは春日の件で昌幸に不信感、「父上は目的のためには何でもするのですか?他の方法はなかったのですか?」と昌幸に反発。

それを見たニンジャマンに「お前は優しすぎる、もっと強くなれ」とたしなめられてしまうくらい落ち込み考えこむ信繁。

ですが、黒木華さん演じる美女に支えられ戦国を生きることについて自分なりに開眼。最後には北条との戦で献策するまでになります。

今までずっと影が薄かったですが、今回でようやく、主人公らしくなってきたなとちょっとワクワク。

さて、次はいよいよ第一上田合戦。徳川VS真田、因縁のバトル第一戦が始まりそうです。

→第8回「調略」の感想へ

第10回「妙手」の感想へ

コメント