男の花道、ここにあり。『真田丸』第49回「前夜」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第49回

男たちの最後の戦い、始まる。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第49回「前夜」の感想です。

第49回「前夜」のあらすじ

徳川との最後の戦いを前に、兄信之に書状を送る幸村。それを読んだ信之は、弟の覚悟を知り、大坂行きを決断する。

そして豊臣と徳川、大坂夏の陣が勃発。

幸村は徳川軍を迎撃するための策を提案、後藤又兵衛が道明寺へと向かうが、策は失敗。豊臣軍はどんどん追い詰められていく・・・。

ドラマの流れ

豊臣と徳川の最後の戦が始まろうとするなか、幸村の兄信之は弟の覚悟を察知。大坂行きを妻たちに告げます。

一方大坂で軍議で今後の対応を検討。

幸村は「右大臣秀頼公自ら出陣を」と要請。秀頼も出陣に乗り気でしたが、淀君お付きのおばさんが頑固に反対。

そこで後藤又兵衛と毛利勝永らが献策。大坂城南の天王寺に出陣、敵を迎え撃つことを提案。豊臣方はその策で徳川方を迎え撃つことを決定。皆それぞれ、出陣の準備をします。

一方京の家康は秀頼に「浪人たちをクビにせよ、そうすれば命は助けよう」と、秀頼に降伏のチャンスを与えますが、家康の息子秀忠は「豊臣の血は根絶やしにしましょうぞ」と激高。

肝心の秀頼も、家康の提案を拒否。いよいよ戦が始まります。

まずは大坂方の塙団右衛門が出陣しますが、見事討ち死に。そこで、次は道明寺で戦をするため、後藤又兵衛と明石全登が出陣。

道明寺の陣地を固める又兵衛ですが、そこに徳川の策略の魔の手が。家康の懐刀の本多正信は又兵衛が徳川と内通しているとの噂を流し、又兵衛を追い詰めます。

戦が刻々と迫るなか、大坂へ向かった兄信之は叔父の信尹とともに幸村に接触。「決して死んではならぬ」と幸村を説得しますが幸村の決意は変わらず。兄弟は今生の別れを迎えます。

道明寺では後藤又兵衛が伊達政宗対と抗戦。

しかし又兵衛は銃弾に討たれ討ち死に。一方、八尾方面で徳川軍本体と交戦する若武者木村重成と長宗我部盛親。

重成は善戦するものの、多勢に無勢で討ち死に。生き残った長宗我部盛親は敵前逃亡。八尾方面の豊臣軍は壊滅してしまいます。

後藤又兵衛亡き後、道明寺を固める幸村軍ですが、伊達政宗の軍勢と交戦。伊達軍を撃退し、大坂城へ帰還します。

ところが大坂城には敗走した豊臣軍が続々と帰還。戦況が悪化していることを覚悟した幸村は、妻と娘を城から脱出させ、伊達政宗に託します。

一人残された幸村は、「千姫を秀忠の陣へお連れしろ」ときりに最後の指令を命令。そして、きりと二人、最後の時間を過ごします・・・。

感想など

塙団右衛門、後藤又兵衛、木村重成らが討ち死にし、いよいよ真田丸もクライマックス。

主要な武将らが討ち死にするなか、幸村が最後を覚悟し、妻と娘を伊達正宗に託すシーンは本当に切ない。

それと、きりちゃん、次回は大切な役割を果たしそうですが、どうなってしまうのか。きりちゃんは覚悟を決めていますが、生き残ってほしいなぁ。

さて、1年観てきた『真田丸』も次回で終了。真田の最後の活躍、楽しみです。

第48回「引鉄」の感想へ

→最終回「」の感想へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする