結局敗者は、負けるべくして負ける。『真田丸』第43回「軍議」の感想

第43回

滅亡へのカウントダウン、スタート。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第43回「軍議」の感想です。

第43回「軍議」のあらすじ

徳川との戦が迫り対応を迫られる豊臣秀頼。秀頼は五人衆を招集、軍議を開く。

幸村は家康が座す京への進軍を進言、積極的に行動を起こすことを主張するものの、幸村の策に後藤又兵衛が猛反対、大坂城籠城を主張する。

紛糾する軍議のなか、ついに秀頼は決断を下す・・・。

ドラマの流れ

大坂へ向かう信之の息子率いる信州真田軍ですが、藩主信之は弟の幸村と息子が戦いになることを心配。

「真田の旗を見たら幸村の覚悟がにぶる、弟には悔いのないよう戦って欲しい」と姉を使者に、息子たちのもとへ向かわせます。

一方、京で大坂攻めの機会を待つ家康。家康のもとにはかつて豊臣に仕えた片桐且元の姿が。

片桐はとうとう徳川に使えることを決断、大坂城の兵、兵糧具合を家康に話ます。それを聞いた家康はニッコリ。攻めのタイミングを伺います。

徳川の動きを待つ豊臣方。軍議を開き、どう戦うかを話し合います。

五人衆の多くは籠城策を主張するも、幸村はあえて出陣を献策。都一帯を戦場にすることを提案します。

しかし、他の連中は籠城を強く主張、幸村の策を退けます。

「これは話にならん」と思った幸村は一度軍議から退散しますが、秀頼から再度軍議に招集され、渾身の策を献策。

結局、脳筋又兵衛は反対しますが、毛利勝永らは幸村の策に賛成。結局、又兵衛も幸村に賛成。五人衆の意見がまとまります。

ところが、織田有楽斎が籠城策を強硬に主張。

「お前ら浪人共が調子に乗るな、我らの言うとおりにせよ、絶対籠城だ」と本音を見せますが、大野修理は有楽斎を一喝。

大野修理の声援に押され、秀頼は出陣を決断。いよいよ出陣となるはずですが、淀君が出陣に反対。「絶対籠城しなさい」と秀頼に言い渡します。

マザコン秀頼は母親に反対することができず。結局、豊臣方は籠城して、徳川軍を迎え撃つことになります・・・。

感想など

なんかモヤっとする話。

せっかく幸村が勝つための献策をしたのに、大坂のお偉方(淀君や淀君の侍女のおばはん、織田有楽斎)がアホ過ぎてうんざり。

生きるか死ぬかの大切なときなのに、自らの保身しか考えていないボスが上にいたらいくら部下が頑張っても仕方ないのはいつの時代も同じ。

結局は、勝ちに不思議の勝ちありだけど、負けに不思議の負けなし。敗者は滅ぶべくして滅ぶのかもしれません。

それにしても、淀君ってホント典型的な息子をダメにする母ですねぇ。

家が滅ぶか滅ばないかの瀬戸際なのに、気にしているのは秀頼が無事でいられるかどうかだけ。

子どもを心配する気持ちが、秀頼が男して、大名として成長する機会を奪って、結局は命までも失ってしまう。

そんなに息子が心配なら、最初から徳川と戦おうとせず、一大名に落ちて、延々と生き延びた方がいいのにと思ってしまう。

結局、過保護はダメ。可愛い子ならなおさら、崖が突き落とすくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

さて、次回は真田丸築城でしょうか。幸村の活躍、楽しみです。

第42回「味方」の感想へ

第44回「築城」の感想へ