今回の戦は、勝てる。『真田丸』第42回「味方」の感想

第42回

烏合の衆もこの男がいれば問題なし。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第42回「味方」の感想です。

第42回「味方」のあらすじ

九度山から脱出し大坂城に入城した幸村。そのことを知った徳川家康は幸村に警戒感を持ち、出陣を急ぐ。

一方大坂城では後藤又兵衛や毛利勝永など様々な武将たちが集まっていたが、誰を総大将にするかでもめていた。

豊臣秀頼は幸村を大将に徳川方を向かえたいと考えていたが、後藤や毛利に反対。意見がまとまらないが・・・。

ドラマの流れ

九度山から脱出し大坂城へ入城、そこで幸村は淀君と運命的な再開を果たす。「私は勝つために来ました、とことん戦います」と幸村はその決意を宣言します。

ところが、大坂城内では幸村のことを快く思わない人々も。

既に大坂入りしていた後藤又兵衛や毛利勝永らに「あんまり調子にのるなよ」と絡まれます。

また、浪人たちも一致団結しているわけではなく、いろんなトラブルが発生、雲行きが怪しい状況。

一方、駿府の徳川家康は幸村の大坂入城を知り混乱。「戦支度をして出陣を早めよ」と大坂開戦を急ぎます。

家康の出陣を知り、二代目将軍秀忠も江戸から大坂へ向けて出陣。いよいよ戦いが目の前に迫ります。

開戦が迫り来る大坂では秀頼が軍議を招集、幸村は総大将に任命しますが、後藤又兵衛や毛利勝永が反対。

一方、明石全登は幸村を支持。軍議は紛糾しますが、幸村が代案を提案。

秀頼を総大将に軍を5つに分け、幸村、後藤又兵衛、明石全登、毛利勝永、長宗我部盛親の5人がそれぞれ軍の大将になることで決定。

いよいよ、徳川方を迎え撃つことになります・・・。

感想など

いよいよ冬の陣も目前。

幸村が総大将になる予定が一部武将の反対でパァになりましたが、「これなら戦に勝てる」と信繁のドヤ顔で終了。

これからの冬の陣は、多分そんな感じでドラマが進んでいくのかもしれませんが、ちょっと後藤又兵衛、脳筋すぎませんかね。

あと織田有楽斎が胡散臭すぎ。史実通りそのうち大坂から裏切るのでしょうが、こういう太鼓持ちのキャラは苦手。

さて、次はいよいよ真田丸ができて、対徳川との戦いが始まるのか?楽しみです。

第41回「入城」の感想へ

第43回「軍議」の感想へ