戦う、そう決めたらやるべきことは一つ。『真田丸』第34回「挙兵」の感想

第34回

男には、勝てぬと分かっても戦わなければならないときがある!

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第34回「挙兵」の感想です。

第34回「挙兵」のあらすじ

三成の家康暗殺計画は失敗。

事態は沈静化するように思えたものの、加藤清正ら秀吉子飼いの武闘派武将たちが「三成を成敗する!」と三成襲撃の動きを見せ、伏見城下は物々しい気配に。

一方、自らの影響力を確信した徳川家康は、天下取りへの野望を胸に、会津征伐を決意。いよいよ、天下分け目の時が迫る・・・。

ドラマの流れ

三成の処遇をめぐって話す前田利家と徳川家康。

「石田治部の件は不問にせよ」とする利家だが、利家のもとには三成憎しの武将たちがゾクゾクと集合。

「石田治部を許してやれ」と利家は説得するものの、加藤清正や福島正則らは納得せず。利家が死んだあと、「石田治部を成敗する!」と三成の屋敷を襲撃します。

幸い、細川忠興の妻ガラシャが気転を利かし、三成襲撃計画を信繁の元へ伝えます。それを聞いた信繁は信之の力を借り、何とか加藤や福島らを追い払うことに成功。

しかし、加藤や福島らは必要に三成をストーキング。「責任を取らせる!」と鼻息を荒くします。

状況が収まりそうにないのを見た信繁は、北政所や淀君らに手助けを得ようとしますが、「豊臣家の女らは政には口を挟まぬ」と協力を得られず。

結局信繁は、天敵の徳川家康に「治部様を助けて下さい」と頭を下げにGo。それを聞いた家康は頭の中でどうすれば己の得になるかを算段。

結局家康は三成を救うことを条件に、領地の佐和山で蟄居することを提案。三成はそれを引受、佐和山を蟄居しますが、ココで三成は来るべき戦を覚悟します。

一方、今回の件で完全に勝者となった家康は伏見城に居を移し、徳川の優位性を世にPR。信繁も家康から「家臣になれ」と勧誘されます。

三成去ったあとの豊臣政権で力を握った家康。

ところが、勢いを持つ家康に刃向かう男が。会津に戻った上杉は家康の命令に従わず、「家康よ、そなたは悪人よ」とかの有名な直江状を送りつけ、家康は激おこ。

家康は会津征伐の軍を決定しますが、上杉景勝は真田家に支援を要請。徳川につくか、上杉につくか、真田家はどうすべきかを家族会議。

父昌幸は「信玄公の領地を回復する!」と上杉応援を決め、野心を抱きます。信繁も昌幸に従います。一方、兄の信之は「父に賛成します」と言うものの、内心は徳川寄り微妙な空気。

徳川軍が会津へ出陣、その一方で大坂では「徳川内府を討つときが来た!」と反徳川勢が勢揃い。いよいよ、天下分け目の大戦が始まろうとしています・・・。

感想など

直江状からいよいよ関ヶ原が迫った回。

いつも黙々と存在感を見せていた直江が今回はばっちり。上杉の存在感がバッチリ。家康のキレ具合もなかなかで、笑いながら楽しめました。

ここんところ、三成にしても景勝にしろ、反徳川勢は残念な感じがお多かったですが、最後の最後、来るべきときに備え、ときを待っていた感じ。

さて、いよいよ次は関ヶ原。合戦シーンはあまり期待していませんが、また胸熱くなる、人間模様が楽しみです。

第33回「動乱」の感想へ

第35回「犬伏」の感想

コメント