男はみんな、一番になりたい。『真田丸』第32回「応酬」の感想

32回

強い男には誰も逆えない、みんな我が身がかわいいから。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第32回「応酬」の感想です。

第32回「応酬」のあらすじ

豊臣秀吉が死亡し、豊臣政権は徳川家康や上杉景勝、宇喜多秀家ら有力大名を中心にした新しい運営体制へ。

しかし早くも水面下では、政権の主導権争いが勃発。徳川家康と石田三成は、仲間を増やそうと宴を開き、大名たちを接待する。

石田三成との競争を有利に進める徳川家康は、加藤清正、伊達政宗ら大物を仲間につけ、勢いを増す。それに危機感を覚えた石田三成は、ある行動を起こすが・・・。

ドラマの流れ

秀吉の死によって揺れる大坂城内。

石田三成はその後の対応を検討、秀吉の死は伏せて、一部のものたちだけに知らせることに。

秀吉の死に伴い、信繁の馬廻り役勤めは終了。「治部様のお手伝いをさせていただけませんか、豊臣のために頑張ります」と三成の下で働くことになります。

一方、秀吉の死を知った徳川家康。跡継ぎの秀忠を江戸に戻し最悪の事態を想定(自身の身が危うくなる可能性を考え、跡継ぎの秀忠を安全な江戸へ)、心を決めます。

三成は家康の動きを心配、秀吉の盟友前田利家に接近、利家も「ワシの目が黒いうちは家康の勝手にさせぬ」と宣言するものの、利家も老体の身。打てる手は打つと、政権の運営に携わります。

ところが、家康は大名たちを屋敷に招き、北政所にも接近。大名たちとの連携を深めていきます。

それを聞いた三成は家康の意図を見抜き、三成も屋敷に大名を招きますが、参加者は宇喜多秀家、片桐且元、小早川秀秋など、身内ばかり。石田三成のコミュ力のなさが露呈してしまいます。

そんななか、家康が伊達政宗や加藤清正、福島正則など、有力大名ら婚姻関係になったことが判明。家康は、秀吉が決めたルールを露骨に破るようになっていきます。

「これ以上徳川の勝手な動きを許すわけにはいかん!」と怒った三成は評定で家康を弾劾することを決意。

「お主だけでは家康に勝てぬ、他の老衆VS家康のカタチにせよ」と大谷刑部にアドバイスを受けます。

評定の当日、宇喜多秀家らが家康を弾劾しますが、家康の方が一枚上手。「力になるぞ」とカッコをつけた上杉景勝らも結局役立たず。

それを見かねた三成が立ち上がりますが、「三成、貴様は豊臣政権を支配したいのか、君側の奸は三成、貴様だ」と家康に言い負かされてしまいます。

しかしここで三成は家康を打つことを決意。軍事行動を開始します・・・。

感想など

家康のターンが始まった回。

伊達や加藤、福島との婚姻同盟の件と問いただされたときののらりくらいの態度や、意を唱えようとした上杉景勝に「声が聞こえませんぞ」圧迫するシーンとか、これぞ狸家康な活躍が見れます。

一方、豊臣方でかっこいいのは三成のみ。

上杉景勝がただのかっこつけでチキンすぎ。毛利も前田も影が薄すぎて存在感ゼロ。宇喜多秀家だけが何とか老衆でメンツを保った感があるものの、強いものの顔を伺う感じのものが大半。

が、「徳川殿!」と声を上げる三成は男らくしていい。次回はいよいよ武力衝突でしょうか、堅苦しく融通がきかないながら、筋をきちんと通す姿は、義の家臣のイメージにぴったり。

まぁなんにせよ、関ヶ原が楽しみです。

第31回「終焉」の感想へ

第33回「動乱」の感想へ