権力は力、それゆえに。『真田丸』第26回「瓜売」の感想

第26回

誰かが喜ぶ影で、誰かが悲しんでいる。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第26回「瓜売」の感想です。

第26回「瓜売」のあらすじ

関白の地位を豊臣秀次に譲った秀吉は、新たなる野望を計画。大軍勢を率いて大陸へ乗り込むことを宣言。大名たちに出陣を命じ、朝鮮出兵が始まる。

一方、真田一家は肥前国名護屋城で戦の状況を見守る秀吉の下へ招集され、徳川家康ら残留組の大名たちと、秀吉の狂乱に付き合わされるが・・・。

ドラマの流れ

秀吉は秀次に関白の座を譲って隠居にするかと思われるところ、

「人は仕事がないとダメになる、太平の世になった今だからこそ武士たちが変なことを考えないよう、武士たちに仕事を与える。目指すは唐入りじゃ!」

と戦を宣言。

その第一歩として秀吉は朝鮮出兵を準備。全国から大名が肥前国名護屋城へ招集、真田一家も秀吉に招集され名護屋に集まることに。そこで真田一家は加藤清正や徳川家康らと親交を深めます。

一方、戦の途中の中、茶々が懐妊の知らせが。

喜ぶ秀吉ですが、朝鮮での戦況が思わしくなく、秀吉は「良い知らせがない」と不機嫌。そこで、面白い催しをしようと秀吉は仮装大会を命令。一時の平和を楽しみます。

結局、茶々は男児(秀頼)を出産。その知らせに秀吉の後を継いだ秀次は自身に迫り来る運命を感じ、恐怖におののきます。

また真田家にも悲しい知らせが。

名護屋に滞在中の真田一家のもとに、ばぁさま危篤のニュースが。秀吉に上田への帰国を認められた真田一家は急いで国元へ。

そこでばぁさまは信之と信繁に「たとえ離れ離れになっても真田は一つ、心さえつながっていれば。真田の地を守りぬけ」と兄弟に言い残し、あの世へ旅立ちます・・・。

感想など

朝鮮出兵は淡々と、仮装大会と秀次の動揺、ばぁさまの見せ場が印象的な回。

仮装大会でワイワイガヤガヤする場面も面白かったですが、ばぁさまの最期はかっこいいなぁ。

「人には定めがある、それに気づくか気づかないかだけだ」とか、兄弟の前でバリッと勇姿を見せるところはいいですね。

一方、そろそろ運が消えかけそうな秀次。

茶々懐妊→動揺のコンボは、仕方ないか。秀吉に子どもができるということは、当然自分の存在が邪魔になることが分かっている。だからこそ自分の未来が見えて心穏やかにはいられないのでしょう。

でも、豊臣秀次という人物、一般的には「残虐非道の悪い行いをした悪い人物」というふうに歴史では教えられていますが、実際はどうだったのか?

権力に翻弄された人生で、後世には「残虐非道の行いをした殺生関白」として記憶されている。

実際本当に秀次が奇行や虐殺をしていた、処断されるべき人物だったのかは分かりませんが、結果論としては、どうだったのだろう?

歴史の人物は再評価されることも多いので、いつか「殺生関白」とは違う秀次像が提示されるのかもしれませんね。

第25回「別離」の感想へ

第27回「不信」の感想へ