もっと物事の裏を読む。『真田丸』第17回「再会」の感想

第17回

素直なだけでは生きてはいけない。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第17回「再会」の感想です。

第17回「再会」のあらすじ

秀吉の馬廻衆となった信繁だが、秀吉は家康に真田攻めを許可。真田家は徳川との戦を迎えようとしていた。

信繁は秀吉に徳川の真田攻めを中止させるように懇願、焦る信繁に、秀吉は徳川に真田攻めを許した真意を語る。そして、信繁に茶々の元で「変な虫がつかないようにする」役目を命じる。

信繁は茶々のもとで使えることになるが、茶々に振り回され、心穏やかならぬ暮らしが始まることに・・・。

ドラマの流れ

「今度こそ真田を踏み潰してやる!」と意気込む徳川のもと、秀吉から「真田攻めを許す」という使者が到着。

信繁は「なぜ殿下(秀吉)は家康に真田攻めを許したのでございますか!」と秀吉に問いつめますが、秀吉の本心は真田を滅ぼす気なし。

「安心せよ、今回は家康の顔を立てただけだ、攻めを許したあとに戦を止める命を出す」と信繁に本意を語ります。

秀吉に食わされ、真田攻めを中止するハメになった家康は激おこになりますが、秀吉の命に従い、真田攻めを中止。

結果的に秀吉に救われた真田家ですが、昌幸は「ここまで来たらもっと高値で真田を秀吉に売ろう」と秀吉への恭順は示さず。状況が変わるのを待ちます。

一方、信繁は、秀吉から茶々の警護役を命じられ、四六時中茶々の側にいることに。茶々は悪女ぶりを発揮、信繁を振り回します。

茶々のもとで大坂の日々を過ごす信繁ですが、そこで見覚えのある顔を発見することに・・・。

感想など

淀の方とか秀吉の妹の旭姫とか、今回も濃いキャラのコメディで笑ってしまう回。

真田丸はやっぱり正統的な戦国ドラマというよりやっぱり人間劇ですね。戦国コメディ的な感じで面白いです。

でも、加藤清正がDQNすぎないかぁ?毎度登場の度に思いますが、名将のイメージがこれぽっちもないただのチンピラじゃないか(驚)

徳川家康とか豊臣秀長とか、大谷吉継とかに比べると、ちょっと扱いが・・・。

でも、大名の妻は魅力的な人が多いですね。斉藤由貴さん演じる阿茶局とか、鈴木京香さん演じる北政所とか。

それはともかく、今回徳川家康が秀吉の前に屈服、秀吉は天下は万全に。ずっと上洛を拒む昌幸ですが、次回はいろいろ泡を食らいそうです。

第16回「表裏」の感想へ

第18回「上洛」の感想へ

コメント