最後に頼るべきは女。『真田丸』第16回「表裏」の感想

第16回

最後の頼みの綱はあの女!?

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第16回「表裏」の感想です。

第16回「表裏」のあらすじ

秀吉にすっかり気に入られた信繁は、秀吉の馬廻衆となり、秀吉の行くところへ連れ回されるようになる。おまけに、秀吉の愛人茶々にも好かれてしまうやっかいな状況に。

一方、信州の真田家はピンチを迎えつつあった。

秀吉は上杉景勝に真田家への軍事支援を禁止、そんな状況の中、真田家の宿敵徳川家康が、再び真田家を攻める動きを見せる。

上杉に応援を頼む真田昌幸だが、上杉は動けず、真田家に一家存続の危機が迫っていた・・・。

ドラマの流れ

上杉景勝&直江兼続は越後へ戻り、信繁一人が大坂に残されることに。これは秀吉が決めた出来レースで、秀吉は信繁を気に入り、馬廻り役(身の回りに従うお供)に任命します。

信繁は四六時中秀吉の側にいるハメになりますが、そこで豊臣家の人々の人間模様を観察することに。

(信繁に従って大坂まで来たきりは信繁とケンカ、きりは北政所の侍女になります。また、かの羽柴秀次に随分と気に入られているようです。)

大坂での日々を過ごす信繁ですが、秀吉の愛人、茶々にも気に入られたよう。茶々は何かと信繁にちょっかいをかけることに。

「茶々に気に入られた男たちは皆秀吉の怒りを買い暗殺されてしまった」という話を聞いた信繁は戦慄。

信繁は茶々に振り回されることになり、危うく加藤清正に暗殺されそうになってしまいます。

一方、真田本家はというと、徳川家康が大軍を集めているとの情報を察知、対策を練りますが、頼りの上杉景勝は真田の援軍要請を拒否。真田家は四面楚歌のピンチに。

おまけに秀吉のもとには家康から「徳川が真田を攻めることをお許し下さい」という使者が。

秀吉は家康の真田攻めを許可、真田家は絶体絶命のピンチに・・・。

感想など

茶々に振り回される信繁と真田家の運命が気になった回。

今回もドラマの話自体は大坂の日常ですが、相変わらず登場人物のアクが強くて印象的!

秀吉のために気を遣い邪魔者を抹殺する清正のDQNぶりや関わる男を死においやる悪女の茶々、今回もコメディチックな人々がたくさん登場しましたが、一際光を放っていたのが秀吉の弟、秀長。

清正に暗殺されそうになっている信繁を助け、「元は百姓のおいらたちが兄貴についてきて今や天下の大名、心がついていないのだ、許してやってくれ」と信繁に謝罪するシーンは、さずが名No.2。かっこいいですね。

秀吉も相変わらずで、信繁を気に入ったふりをしつつ、政治的な狙いから真田家には厳しい態度。

昌幸や信幸は秀吉の真田への態度を知り「どうしたもんかのう」とあたふたしていますが、次回、徳川とのいざこざに進展がありそう。

信繁が頼るべき相手はやっぱりあの女性ですかね。

第15回「秀吉」の感想へ

第17回「再会」の感想へ