天下人現る。『真田丸』第14回「大坂」の感想

第14回

一難去ってまた一難。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』第14回「大坂」の感想です。

第14回「大坂」のあらすじ

戦国の世は、天下人豊臣秀吉の力によって終わりを迎えようとしていた。

秀吉は全国の大名たちに服従を求め、真田が従う上杉景勝も、秀吉の求めに応じて上洛。信繁は景勝とともに秀吉の元へ、そこで天下人の凄さを知ることになる・・・。

ドラマの流れ

徳川との戦いで勝利した真田一家。

しかし、戦いのさなかに妻を失くした信繁は茫然自失。越後春日山へ戻り上杉景勝と直江兼続になぐさめられるものの、気持ちは晴れず。

おまけに、徳川家康は真田攻めを諦めず。駿府の城を強化し、再度真田攻めを計画。「徳川もひつこいのう」と悩む真田昌幸ですが、徳川の目を真田からそらすため、昌幸の弟信尹が一計。

家康の股肱の臣、石川数正を天下人、羽柴秀吉の元へ寝返らせます。秀吉を警戒した家康は真田の攻略を諦めます。

一方中央で権勢を誇る秀吉は、各地の大名へ上洛を命令。なぜか昌幸のもとにも上洛命令が。

とりあえず真田は上洛命令を対北条を理由に先送り、一方上杉景勝は秀吉の上洛命令に従い大阪へ。信繁も、景勝に従い秀吉へ会いに行きます。

上洛の途中、景勝一行は石田三成の接待を受け、「このまま秀吉の家臣になっていいのか・・・」と悩みつつも上洛。

秀吉との対面することになります。

感想など

「やっぱり『真田丸』は人間模様が面白いな」と感じた回。

今回は天下人秀吉が物語に登場、絶対たる権力者の前に、家康も景勝も、人生の転機を迎えることに。

特に印象的だったのは景勝。

「義に生きるだのかっこいいことをいうが、結局は長いものに巻かれているだけ。これほど世の中は、思い通りに生きられないものなのか・・・」と理想と現実に悩みます。

こういう人物の葛藤を描いた場面はつい見入ってしまいます。

また、悲しみを経験した信繁のセリフも熱い!

徳川を離れた石川数正との食事シーンで、

「みんな先が読めなくて一生懸命生きている、生きるために人をだましてしまうこともあるかもしれないけれど、それは善とか悪とかで決められることではない」

となかなかの名言。まぁ人生、そういうもんですよね。

ということで、今回は正直前回の上田合戦よりも面白かった。次回はいよいよ、秀吉(女好き丸出しキャラのようです)がメインに登場です。

第13回「決戦」の感想へ

第15回「秀吉」の感想へ