『人の心がまるごとわかる心理学』の読書感想 – 人の心に少しだけ詳しく

人の心がまるごとわかる心理学 (中経の文庫)

心の知識を実学に。

植木理恵著『人の心がまるごとわかる心理学』(中経文庫)の読書感想です。

この本について

心理学の知識を人間関係にいかしていく本。

自分との関係、親との関係、恋人との関係など、心理学の知識を、様々な人間関係に適応、関係を良くするためのヒントが満載の内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

人生、苦労しているのは自分だけではない(P18)

人生で上手くいかず、「なぜ自分だけ上手くいかないの?」と思ったら、「自分だけ」という考えをやめる。

頑張って上手くいかないときも、「自分だけ」ではなく、「みんな」悩んでいると考えを変える。

感情は出していい(P28)

感情が表に出るのは、それは自然な働き。

喜怒哀楽を表現することで、人は心の平衡を保つことができる。無理に感情を抑圧すると、その影響はどこかで出てくる。

人に好かれる会話術(P31)

話し上手な人はえてして人の話を聞くのが苦手。

本当に人を惹きつけるのは、聞くことが上手な人。人は、たくさん話を聞いてもらった人に好感を持つ。

仲良くなりたい人がいる場合、自分が話すよりも、相手の会話を広げて、聞き役になった方がいいかも。

辛い思い出は半年我慢すればいい(P43)

人は、どんなことでも、時間が立てば忘れてしまう。

半年ほど立てば、どんな思い出も色褪せ、記憶からフェードアウトしていく。

辛い思いをしても、辛いのは最初だけ、苦しい思いも、時間が解決してくれる。

初対面で自虐キャラにならない(P51)

人の印象は、出会って最初の2分間で固定される。

最初に謙虚になりすぎたり、ネガティブなイメージを相手に与えると、その印象が固定され、損をしてしまうことも。

失敗したときこそ学ぶ(P67)

人生に「ムダ」な失敗はない。

大切なことは、失敗した理由を見つけ、次にいかすこと。トライアンドエラーで人は成長していく。

人心掌握のコツ(P82)

人の心をつかむコツは、アメとムシ。

相手が期待通りに動かないときはムチで罰するのではなく、ムシして放置、良いことをしたときだけ、アメを与える。

ただし、アメは毎回与えない。3回アメを与えたら1回、次は4回に1回という具合、適度にランダムにアメを与えないこと。

勢いが衰えたら(P110)

人はずっと、勝ち続けることはできない。自分の勢いが衰え、下り坂になったら、それを素直に認めること。

勝者として振る舞うのではなく、自分の弱みをさらけ出し、周囲に支えてもらうようなキャラに転向すること。

刺激か安定か(P115)

恋愛では、刺激的な相手ほど楽しい経験ができるかもしれない。

が、結婚を含め、長期での関係を求めるのであれば、刺激よりも、居心地の良さを求めた方がいいかも。

一緒にいて穏やかな気持ちになる人との方が、長い関係と高い幸福感を維持できる。

次に会いたい人にはこのテクニックを(P134)

デートで「次も会いたい!」と相手に思わせるためには、何もかも相手に満足と情報を与えてはいけない。

「この人どこかまだ気になる、まだ分からないところがある」というようなところを残し、話を中途半端に終わらせて別れるなど、未完の部分を残す。

人は、完結したものよりも、まだ終わっていないものが気になる(ザイガルニック効果)。

「この人、どこかまだ分からないな」というところを残した方が、相手をもっと知りたいという気持ちを誘発させることができる。

嫉妬心は独占欲(P142)

嫉妬心は、その人を自分のことだけに目を向けさせたいという独占欲が原因。

嫉妬を感じたら、疑うべきは相手ではなく、自分自身。冷静になり、自分の感情をチェック、相手を信じる。

男女は喜ぶポイントが違う(P148)

男は仕事や能力、行動を褒められると喜ぶ。女は存在そのものを認められると喜ぶ。

夫婦が男と女の関係であり続けるためのコツ(P171)

妻は子育ての負担が大きいと、夫へ注ぐエネルギーがなくなり、女の魅力を失う。

夫と妻、いつまでも男女のような関係を築くために、夫は妻の家事に協力、妻の負担を軽くすることが大切。

同時に、父親と母親、互いの立場を自覚し、恋愛時代とは違う、新しい恋愛のステージを意識する。

本はこちら