煩悩が長い目で見ると人生をダメにする理由。『しない生活』の読書感想

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)

煩悩をなくすために出家する必要はない、この方法を試せば。

小池龍之介著『しない生活 煩悩を静める108のお稽古』(幻冬舎新書)の読書感想です。

この本について

東大出身のお坊さんが語る煩悩を卒業する法。

人間関係、仕事、日々のいろんな欲に惑わされず、もっと自然に伸びやかに生きるにはどうすればいいか、仏教的(?)の味わいのある、まったりした話が満載の内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

知る必要がないことは知っても仕方ない(P15)

人は情報が多いと逆に悩む。

不要な情報を集めすぎることによって、本当に大切な情報を見失う。知りすぎることで、心が乱れてしまう。

このセリフは要注意(P18)

あなたのため=自分のため。要注意。

家族はどうにもならない(P76)

家族を自分の思い通りに動かしたい、思うとおりになってほしい。

この考えが不幸の素。家族は自分の思い通りに何とかなる存在ではない。人は自分の思う通りにならない。

人を思い通りに動かそうとするほど、そこには権力闘争的な争いが生じ、ますます不幸になっていく。

何事もありえる(P81)

何か予想外のことがあって、「ありえない」という言葉を吐くときは、自分の傲慢さを反省する。

人生、何事もありえる。

「こんなこと、起こるはずがない」というのは自分の勝手な見立てで、人生はいろんなことが起こって、そこには自分の思考の範疇を超えた、想定外の連続。

「ありえない」ことこそ、「ありえない」。

人の話はまず「そうですね」と受け止める(P94)

コミュニケーションの秘訣は相手を受け止めること。相手が話すことを、まず「そうですね」と受け止めること。

そこに自分の考えを挟まず、相手が言うことをそのまま受け止める。正しいか間違っているかはどうでもいい。まずあるがまま、受け止めること。

「○○であるべき」から自由になる(P144)

人は、「俺はこういう人間だ、こうあるべきだ」という自己像を持っている。

この自己イメージが強ければ強いほど、その人は不自由で、息苦しくなる。自己イメージに縛られリラックスできなくなる。

「自分は○○だ」と自己規定せず、もっとゆったり、自己像に柔軟性を持たせること。

「いざとなれば」という心構えを持つ(P168)

失うものがない人は、何でも頑張れる。

「いざとなれば今持っているもの、今の立場もなくしていい」と思うことで、心の余裕ができる。

人生満足できなくてもいい、なぜなら(P185)

生きている限り、100%満足できない。何かが足りなくて、何かが不満。それが人生。

感想など

人とつながりすぎない、イライラしない、頑張りすぎない。

何事も節度、柔軟性を持ってやっていくこと、それが人生を豊かにするのではないか。

そんなことを感じた本。

「もっとお金を稼ぎたい」とか、「女と○○○○○たい」とか、煩悩に悩むと、常に飢餓感にさいなまれるのが人生のサガ。

でも、そういう煩悩をもう少し抑えて、「○○したい、○○が欲しい」という気持ちがなくなると、泰然自若、気持ちがゆったりしてきます。

まぁ、修行僧のような人生が楽しいとも思えませんが、欲に呑まれず、何事もバランスを持つ。人生は、そういう「ほどよさ」が大切なのかもしれませんね。

本の購入はこちら