弱者がホームページで逆転する方法。『ランチェスター経営 ホームページ成功戦略』を読む

小さな会社★集客のルール ランチェスター経営 ホームページ成功戦略

ホームページで儲けるために忘れてはいけないこと。考えておきたいこと。

佐藤元相著、竹田陽一著『小さな会社★集客のルール ランチェスター経営 ホームページ成功戦略』(フォレスト出版)の読書感想です。

この本について

弱者の戦略であるランチェスター戦略をもとに、儲かるホームページの作り方について説いている本。

ホームページはお店の窓口であり、リアル店舗と同等、それ以上の価値を持つ存在。

だからこそこれからの時代、ホームページをどう作るか。どう展開するか。そこに弱者逆転の秘訣あり。

本書を読めば、活躍するホームページを作るための重要なエッセンスが理解できます。

以下、本書の読書メモです。

強みを生かす(P25)

商売には常に同業他社、ライバルの存在あり。自分たちだけでなく、ライバルもホームページを持って、商売を競争している。

だからこそ大切なのが、自分たちの他でもない強みは何なのか。どんな思いを持って商売しているのか。そこをきちんと、ホームページに載せておくことが重要。

「私たちはここがすごいです、ここに商売の情熱をそそいでいます」ということがきちんと宣言されているからこそ、ユーザーは安心し、魅力を感じることができる。

ユーザーの属性を知る(P29)

ホームページを運営する上で特に大切なのは、どんな人にホームページを見て欲しいのか。どんな人にアクセスして欲しいのか。ユーザーの属性を明らかにすること。

いくら、アクセスが大量にあっても、それが売上につながらないアクセスなら意味はない。

つまり、自社サービスに興味を持っている人がどんな人なのか。そして、その人たちをホームページにアクセスしてもらうにはどうすればいいのか。

それを考えて、ホームページを作ることが大切。

目標設定のポイント(P42)

ホームページは作るだけではダメ。常に改善し、よりよいものを作っていく継続的な作業が必要。

その際大切なのは、きちんと目標設定をすること。内容をしぼり、何をどう具体的に変えていくのか、改善するのか。

目標設定を具体的に決めて、ホームページを改善する。

ホームページ改善に活かせる自社の情報(P79)

ホームページは情報の宝庫。改善するにしても、そこから得られた情報をきちんと次へ生かしていくことが大切。

具体的には、ホームページからどんな商品がよく売れているのか。もしくは売れていないのか。そこからお客様満足度を高めるための貴重な情報が得られる。

そうやって、情報をもとにホームページを改善。より良いものを作っていくことが大切。

物語を語る(P213)

人の心が動くとき、そこには常に物語がある。なぜこの会社を作ることになったのか。何のためにこのサービスを作ることになったのか。

その物語を語ることで、ユーザーの心のひだを動かすことができ、ファンを作ることができる。

今、腐るほど商品、サービスが乱立している世の中だからこそ、最後に大切なのは心と心。ユーザーの心をつかむ者が、最後には勝つ。

弱者の禁忌(P227)

弱者の戦略として最もタブーなのは、薄利多売で勝負すること。

基本的に薄利多売とは強者の戦略であり、たくさんのものをたくさんつくり、安く売る。それは大きな資本力がなければ無理。

だからこそ、人も資本も不足している弱者は薄利多売をしてはいけない。それより、多利小売でやっていけるビジネスを構築することが重要。

感想など

本書の出版は2005年。しかし、その本質的なポイントはいつの時代も勉強になる。そのことを実感した本でした。

ビジネスの本を読む時大切なのは、何をどうするなどのノウハウ的な話よりもしろ、その本質的な発想、考え方に価値があると感じています。

ノウハウについては、時代や人が変わればそれが通用しなくなるのが自然ですが、根本的な視点、発想法。

それさえあれば、自分の頭で物事の是非を考えることができます。そして結局はそれこそが最強の思考法だと感じています。

結局、人のノウハウを参考にしようが、自分の立場、状況、武器を一番理解しているのは自分以外にいません。

だからこそ、自分の頭で考え、その上で最善の選択を検討する。そのためには、自分の頭で考えなければいけないことです。

本書では、ランチェスター戦略をもとに、ホームページへの運用法を説いていますが、ランチェスター戦略の根本的な考え方。

そこに一番の価値があるように感じています。

商売という戦場で勝つにはどうすればいいか。無駄死にせずに武功を立てるにはどうすればいいか。

ホームページであれ、実店舗であれ、本当に大切な商売の本質は変わらず。本書を読めば、そのことを強く、実感できます。

本の購入はこちら

コメント