このアルバムで仕事中もノリノリになれる。『Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD』を聴く

こちらの番組でPerfumeに興味を持ったので、こちらのベストアルバムを購入。聴いてみることにしました。

Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD

Perfumeというと、広島出身の女性テクノポップグループという知識しかなくて、どんな曲があるのかまったく知らなかったのですが、ベストアルバムを聴いてみて、なかなかハマっています。

加工された声に、ポップなメロディ。ノリノリになれます。以下、個人的に好きな曲です。

ポリリズム

アルバム1曲目。Perfumeの大ヒットソングらしいですが、テクノでポップなメロディーをついつい口ずさんでしまいます。

love the world

シンセのイントロが凄すぎる一曲。センスの良さに圧倒される曲です。

チョコレイト・ディスコ

「どうしたらこんなポップなメロディーができるんだ?」というくらいノリノリになれる極上のポップソング。

SEVENTH HEAVEN

テクノバラード的な曲。ハイテンポな設定ですが、スローバラードにアレンジしても、最高にうっとりできる曲だと思います。

シークレットシークレット

ベストアルバムの中でもかなり好きな曲。アレンジはテクノで未来的、ハイテンポのダンスソングですが、メロディーは懐かしい胸に染み入るフォークソングのメロディーのよう。

Baby cruising Love

エレピとピアノ、加工された声で始まるノスタルジックな曲。なつかしいメロディーです。

レーザービーム

ガンガン乗れる最高のポップソング。昔、何かのCMで使われていた気がしますが、このメロディーは一発で覚えられます。

感想など

個人的に初めてPerfumeのアルバムを聴いて思ったのは、独特のアレンジではなく、ノスタルジックでポップなメロディです。

サウンド自体はテクノで近現代的なのですが、歌のメロディーはとても伝統的というか、昔のフォークソングや70年台80年台のアイドルの歌を感じさせるような、ノスタルジックなメロディが多いように感じました。

「シークレットシークレット」や「Baby cruising Love」、「SEVENTH HEAVEN」もそうですが、テクノアレンジではなくて、ピアノやギターなどのバラードだったとしても、じっくり耳をかたむけたくなる曲だと感じています。

サウンドの独特さというより、単純にメロディーのキレイさ、味わい深さが良いグループなんだなと思いました。

CDの購入はこちら(試聴できます)

Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD