『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』おすすめペルソナの紹介とステALL99育成法

ゲームスタート画面

正義をテーマに少年たちの活躍を描く学園RPG『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』。

その特徴1にも2にもペルソナ。好きなペルソナを自分好みに作り上げ、強化していく面白さは、このゲームならではの魅力です。

そこでこのページでは『ザ・ロイヤル』におけるおすすめのペルソナ&効率的に全ステを99にする強化法をご紹介します。

正直、このゲームの難易度はそれほど高くないので、わざわざペルソナのステをMaxにする意味がほとんどありませんが、好きなペルソナを強くすることが本作のやり込み要素。

というわけで、強いペルソナの紹介(DLC含む)及びおすすめ育成法をご紹介します。

主人公には物理銃撃万能以外のダメージが無効になるアクセサリを装備させているので、弱点はそのままにしてスキル枠を増やしています。
スポンサーリンク

まずは強いペルソナから

本作ではペルソナの育成要素が豊富です。そのため、弱点が多くないペルソナであれば最終的に強ペルソナに育てることができます。

とはいえ、ゼロから鍛えると時間と労力がかかります。

最初からある程度強いペルソナを利用することで、時間を節約して最強のペルソナを効率的に作ることができます。

そこでここでは、最初から強いスキルを持っているペルソナや、耐性的にも悪くないペルソナをご紹介します。

伊邪那岐大神(DLC)

赤ver

本作ダントツNo.1のペルソナがこちら。脳死で「真言」を打っていれば、ラスボスでさえ楽勝に倒せます。

白ver

特殊攻撃も強いですが、更に強いのは特性。ペルソナ登録率に応じて攻撃力&防御力が強化されるオンリーワンかつ最強の特性。

その強さを生かして、超汎用型のスキル構成も可能です。

絶対弱点をつく大神

物理でも魔法でも銃撃でも、どんなスキル構成をするにしろ、強さは完全に頭一つ抜けたペルソナになっています。

「最強」を追い求めるなら伊邪那岐大神は別格です。

カグヤ(DLC)

カグヤ

登場レベル16と要育成ですが、特殊魔法の「輝矢」が強い!

後述するヨシツネの必殺技の魔法版で、祝福属性が無効化されない相手であるなら、問答無用で瞬殺。

第3学期に登場するチャレンジモードのファフニールでさえ、鍛え上げられたカグヤ+嫉妬の指輪の「輝矢」のワンパンで片付きます。

注意点は育成が面倒なこと。初期の特性(反射ダメージアップ)は微妙なので、特性を全体魔法強化に変更して運用するのが吉です。

オルフェウス(DLC)

オルフェウス赤

地味にチートなDLCペルソナがこちら。

「ネオ・カデンツァ」という、HP50%回復+仲間全員強化という超便利なスキルを持っています。サポート及び回復はこのペルソナで。

最初の特性である「悲しみの輪」(死亡しても復活)でも悪くないですが、持ち味である「ネオ・カデンツァ」の効果を最大限に生かすなら特性は要変更。

最強オルフェウス

「蓮華がもたらす富」に変更すれば、強化が3ターン→5ターンに伸びて便利です。

サタナエル(万能属性、もしくは銃撃特化)

サタナエル完全版

DLCを利用しない限りにおいて本作最強候補のペルソナがサタナエル。

万能魔法特化+ニイジマパレスのイシアクセサリ装備(バトル開始時にコンセ付与)で運用すれば、大抵の敵はサタナエルの「メギドラオン」でワンパン。即バトルが終了します。

特に物理耐性持ちが多い3学期においては、その真価を発揮してくれることでしょう。

そして攻めだけでなく守りもバッチリ。全属性に耐性あり。精神耐性で状態異常対策をすれば守りも鉄壁です。

ただしサタナエルの場合、銃スキルを使用したときに独自のモーションが用意されています。

サタナエルの特殊モーション

これがめちゃめちゃかっこよく、万能特化にしても火力で伊邪那大神に勝てません。ということで現在は銃撃特化に変更。

銃撃特化のサタナエル

汎用性は劣りますが、銃撃耐性のない相手やクリティカルが効果的な相手には特に、最強ランクの銃撃をかましてくれます。

相手によりますが、「チャレンジモード」でチャージ付き「ワンショットキル」もしくは「至高の魔弾」+クリティカルで1万ダメージを超えることがあります。

ルシファー

『ロイヤル』で劇的に強化された強い万能魔法を持つルシファー。

残念ながらスキルの特性上、ダメージ面でサタナエルに勝てませんが、耐性面では大幅強化。

ルシファー殿下

隠しボスを撃破することで手に入るアクセサリ(物理&銃撃以外無効になるアレ)を装備すれば、状態異常以外は完全無敵になります。

多少万能特化のサタナエルに比べて与ダメージは下がりますが、普通にプレイするだけなら、ルシファーでも代用可能。

伊邪那岐大神を使用しない場合、サタナエルを銃撃特化で、ルシファーを万能属性専門として運用するといろいろ便利です。

マダ(火属性)

マダ

火属性最強のペルソナ。塔(織田少年)のコープランクMaxで解禁です。

ちなみにDLCを利用するならこちらのペルソナの方がおすすめ。

アストリウス

ティタノマキア(火属性の全体魔法、ダメージ特大)を使えば独自のセリフあり+SPのコスパが良いです。

サタン(氷属性)

サタン

氷属性最強のサタン。ストーリーを進めれば自動的に解禁されます。

ただしデザインにクセがあるので、もっと愛らしいペルソナを希望する場合はジャアクフロストがおすすめ。

ジャアクフロスト

作る途中で「氷結率UP」が取得できるのが便利です。

オーディン(雷属性)

オーディン

雷属性最強のオーディン。喜多川画伯のコープMaxで解禁です。

最強雷魔法+物理攻撃のバランスを重視するなら、後述するDLCペルソナのイザナギがおすすめ。

ネコショウグン(風属性)

ネコショウグン

本来、風属性の最強はヴィシャヌかもしれませんが、アルカナが「愚者」でサタナエルやラウールとかぶってしまうのがNG。

そこで耐性的に悪くない+姿が可愛いネコショウグンを愛用。剛毅のコープを進めて複数合体を解禁させれば作れる手軽さもOK。

コウリュウ(念動属性)

コウリュウ

念動属性最強のペルソナ。コーヒーおじさんのコープをMaxにすれば作れます。ただ念動はストーリー後半はあまり使う機会がないのが残念。

ファフニール(核熱属性)

ファフニール

第3学期に登場する難敵のペルソナ。初期耐性が鉄壁で、守りが堅いのが特徴。即死対策と精神異常対策をすれば完璧です。

メタトロン(祝福属性)

メタトロン

祝福属性最強のペルソナ。正義コープMaxで作れます。

ただ祝福属性はカグヤがいたり3学期に芳澤さんがいたりと、わざわざ作る意味があるのかが微妙。

おまけにメタトロンは初期状態で弱点属性が2つあり、他のペルソナに比べ枠が不自由で、いろいろ不遇です。

とはいえ個人的には見た目が好き。なので、カグヤではなくメタトロンを運用しています。

アリス(呪怨属性)

アリス

呪怨属性向けのペルソナ。死神コープMaxで解禁になります。

特徴は1にも2にも即死魔法。呪怨属性が無効もしくは吸収の相手とボス(イベント含む)以外の敵は「死んでくれる?」でワンパン。大半の敵は即死させてバトル終了です。

主人公が育ってくるとオリジナル特性の「即死スキルのSP消費なし」という効果は実用性がなくなるので、特性を「異端の魅力」に変更。汎用性重視で祝福属性も扱えるように変更しています。

マリア(物理属性)

マリア

信念のコープMaxで解禁される強ペルソナがマリア。

本来なら回復&サポートで運用するイメージですが、特徴は1にも2にも自動回復のスキル(「聖母の○○」2つ)。

それぞれ、効果が重複するため、1ターンでHPが40%回復するだけでなくSPも15回復するという超自動回復ペルソナになっています。

このスキルによってHPを消費する物理スキルを実質ノーコストで打てるという性能に。物理特化(「剣の舞」でのクリティカル狙い)が強いペルソナになっています。

ちなみに火力重視なら「剣の舞」→「ゴッドハンド」で。

ヨシツネ(物理属性)

ちなみに無印で最強だったヨシツネ。

ヨシツネ

1学期&2学期では相変わらず無双できます。

が、3学期は物理耐性持ちが多く、魔法向けのペルソナに比べて使う回数ダウン。今作『ザ・ロイヤル』では、物理系のペルソナが弱体化している印象です。

とはいえ、物理が効く相手には最強。

最強ヨシツネ

特性は「剣神」より「怒髪天」の方が使い勝手が良いので、育てるなら「怒髪天」で。

マーラ(銃属性)

マーラ

最後に銃撃属性。

正直、このペルソナの画像を掲載するかどうかを迷ってしまうくらいグロテスクな外見ですが、どう見ても「このペルソナは銃で運用せよ」と思わざるを得ないので、銃撃特化として育成。

初期耐性が強く、おまけにレアな銃撃無効の耐性持ち。万が一弾かれても安心です。まぁ、銃発射のモーションがアレすぎてすぐに使うのをやめてしまいましたが。

アルセーヌとDLCペルソナについて

ここからは最初に入手するアルセーヌと、個性的なDLCペルソナをご紹介します。

アルセーヌ

主人公の初期ペルソナ。デザインが優秀なので、やはり何らかの形で運用したいところ。

定番は銃撃特化。作っておけば銃撃特化のサタナエル作成に役立ちます。

銃撃アルセーヌ

銃撃特化のサタナエルを作成したのちは、火~核熱までの魔法を習得させ、絶対弱点突くマンとして運用。

汎用型アルセーヌ

特性は「異端の魅力」(後述)にし、ブーストに全魔法ダメ25%アップの「魔導の才能」。

正直、火力の面では劣化サタナエル(「異端の魅力」+「魔王の境地」)になってしまいますが、「弱点をつく」ことに特化すればチャレンジモードで大活躍します。

とはいえ、強さは別として「イメージ重視」でスキルを構成するのがこのゲームの楽しみ。こういう構成もありです。

アルセーヌ3

なお、より実用性を重視するならこれもなかなか使えます。

アルセーヌクリティカル重視

ラウール

ラウール

主人公の覚醒第3ペルソナとしてデザインされたものの、大人の事情でDLCになったと思われるのがこちら。

メインの呪怨攻撃は3種ブーストすれば無効化されない相手ならワンパンで倒せるほどの強さはありますが、呪怨キャラは他にも多数あり。

そこで個人的には特性の効果を犠牲にして、オリジナル技の「ファントムショー」(敵全体を眠らせる)+サポートとしてスキルを構成しています。

ラウールのサポート重視ver

「ファントムショー」はチャレンジバトルや3学期で戦える最強の裏ボス戦で役立ちます。

最初「微妙かな?」と思っていましたが、「ファントムショー」がボスをのぞいてほぼ必中します。

全体睡眠→仲間が攻撃してテクニカルで大ダメージでバトルではかなり有用です。

ちなみにレベルアップのシーンでは主人公が「Take your heart!」というなかなかシャレオツなセリフを決めてくれます。

だからこそ思うのですが・・・。「DLCじゃなくて3学期に覚醒で登場してくれ」

イザナギ(DLC、雷+物理)

前作『4』の主人公の初期ペルソナ。

イザナギ

特徴はオリジナルスキルの「十文字斬り」。命中率が高く、与ダメもそこそこです。物理属性+雷属性で攻撃できるので、最初から最後まで使えます。

マガツイザナギ(DLC、呪怨+状態異常)

マガツイザナギ

状態異常を付与できる呪怨魔法を持つDLCペルソナ。

ロキを思わせるデザインが個人的には好き。呪怨ペルソナが多すぎてある意味個性がないですが、状態異常付与メインで使うことで、他と差別化できます。

アテナ(DLC、物理+クリティカル)

アテナ

オリジナルスキルの「アカシャアーツ」が光るペルソナ。効果は全体物理特大+高クリティカル。

全体に攻撃できるのと、比較的クリティカルが高いように感じるため全ステ99まで育てました。

とはいえ物理+クリティカルは「剣の舞」を持つマリアで十分です。火力を求めるならヨシツネの方が強いので、使用は完全趣味になります。

タナトス(DLC、万能)

タナトス

万能属性の独自スキルを持つペルソナ。まぁ火力は・・・、という話ですが、個性的なペルソナなので、デザインが好きなら使う価値は十分にあります。

特性について一言

最強のペルソナを作る。そう思ったときはスキル以上に重要なのが『ロイヤル』で追加された「特性」。

最終的に、一部の特殊スキルをのぞいては、たいていどんなスキルでも自由につけさせることができます。しかし、特性だけは後で付け替えはできません。

ペルソナを作る最初の段階で考える必要があるのですが、結局どんな特性が重要なのか?実用性の面で見れば使えるものは限られてきます。

1・火力アップ系

→物理なら「究極不滅の怒髪天」(物理火力30%アップ)

→銃撃なら「剣神の念」(チャージ&コンセの火力アップ)

→魔法なら「各個集中の眼差し」(単体魔法の火力20%アップ)or「一騎当千の眼差し」(全体魔法の火力20%アップ)

2・スキル枠重視系

→ブースタ枠を減らしてスキル枠を増やせる「異端の魅力」(2周目以降限定、魔法火力50%アップ)

3・守り重視系

→「松の生命力」(全体ヒートライザが使用可能に、DLCを利用しないなら超重要)

→「蓮華がもたらす富」(仲間への補助効果2ターンプラス)

→「鉄壁の抗体」(状態異常を防ぐ)

大きく分けると、有用性が高いのはこの3つの特性に絞られてきます。

正直な話、『ペルソナ5ロイヤル』はそこまで火力を求める意味がありません。チャレンジモードでも、通常のブースト効果範囲内で火力は十分過ぎます。

物理に関しては「究極不滅の怒髪天」一択になりますが、魔法に関しては「○○ブースタ」+「○○ハイブースタ」+「魔導の才能」+「各個集中の眼差し」or「一騎当千の眼差し」までガチる必要はないと感じました。

また、状態異常に関する特性については、そもそもつける必要がないので割愛しています。

今回、状態異常に耐性がない敵に関しては、状態異常付与アップのスキルをつけるだけで、かなりの確率で成功します。

おすすめ特性はスキルの枠を実質増やせる「異端の魅力」

個人的にはブースタで枠を狭めるより、特性の「異端の魅力」+「○○ハイブースタ」でスキル枠を圧縮。そこに好きなスキルを入れて楽しんでいます。

今回状態異常→テクニカルがかなり有用になったので、属性+テクニカル狙いという感じでスキルを構成しています。

・ヘルズエンジェル(火属性)

ヘルズエンジェル

・ビャッコ(氷属性)

ビャッコ

・オオクニヌシ(雷属性)

オオクニヌシ

・クラマテング(風属性)

クラマテング

・シキオウジ(念動属性)

シキオウジ

・アスラおう(核熱属性)

アスラおう

・だいそうじょう(祝福属性)

だいそうじょう

ステアップの準備&注意点

今回『ザ・ロイヤル』では、どんなペルソナでも全ステータスを99まで上げることができます。

なので、自分が好きなペルソナを強化するのが一番ですが、強さにこだわるなら、「耐性」に着目してペルソナを選びます。

次にステを上げるための準備として、

・リュージ君のコープ(戦車)のレベルを7まで上げ「瞬殺」を覚えます。

・占いコープ(運命)のレベルを8まで上げ「禁忌・天運占い」(警報を発動させる占い)を覚えます。

この2つをマスターしておきます。これで準備完了です。

これで簡単!ペルソナの全ステ99にする方法

ペルソナの育成はかんたん。

まず新宿へ行き占い「禁忌・天運占い」に2万円寄付します(昼間)。

占い発動

そしてその日のうちにメメントスへGo。適当にザコ敵を瞬殺してペルソナを2つゲットした上で、警報を発動させます。

警報発動

警報が鳴ったらベルベットルームに戻り、ゲットしたペルソナ2つを合体させます。

そして最後に合体させたペルソナを強化したいペルソナに絞首刑させます。すると、経験値のかわりにステがアップします。

絞首刑でステアップ

これを繰り返すことで、1時間~2時間程度で全ステが99になります。

育成に関しては、特訓させるよりも、警報中の絞首刑で強化させる方が、ダンゼン楽&効率的です。

最後に

以上、長くなってしまいましたが、『ペルソナ5ザ・ロイヤル』のおすすめペルソナとその育成法をご紹介しました。

個人的にはペルソナ育成のために5周してしまうほど熱中してしまう面白さ、中毒性があり。サタナエルは3回、ラウールは2回作り直すくらい、ペルソナの育成はハマってしまいました。

幸い、ステ99は比較的簡単に実現できますし、スキルの後付もかんたんです。なのでまずは特性を厳選し、好みのペルソナを作っていくことで、無駄なくペルソナを育成できます。

「このペルソナを最強にしたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

コメント