『臆病者のための億万長者入門』の読書感想 – 凡人が金持ちになるコツは失敗しないこと

臆病者のための億万長者入門

凡人が富をなし金持ちになるためには、騙されず失敗しないこと。

橘玲著『臆病者のための億万長者入門』(文春新書)です。

この本について

株や為替、資産運用で失敗しないための初心者用の本。

「お金を増やしたい!」と思ったときに知っておきたい資産運用の基本的な考え方をはじめ、株式投資や為替投資の方法、不動産投資についての注意点など、投資についての考え方を勉強できる内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

個人が投資で文無しにならないために(P6)

個人投資家はリスクを常に意識して、ローリスクの投資をすることが大前提。

一度でも大損してしまった場合、個人の場合リカバリーが難しい。だからこそ、投資は慎重に、ローリスクで運用する。

資産運用は金儲けの手段ではなく、あくまで人生の経済的なリスクを管理するためにすること。

お金を増やすシンプルな方程式(P22)

お金持ちになるシンプルな方法。

1・収入を増やす。

2・支出を減らす。

3・資産を上手に運用する。

総資産=収入-支出+(資産×運用利回り)

日本でお金を増やしたいならまず働いてお金を増やす(P31)

お金持ちになりたいと思ったら、株や為替などの金融分野でお金を増やすことを考えるより先に、自分の収入を増やして稼げるような人間になることが大切。

良い収入で出来る限り長く働けるようにすると、単純に手持ちのお金が増えるので、投資もしやすくなる。

保険はまじめに考えないとギャンブル以上の損になる(P51)

保険に無関心で、外交員の進めるままに保険に加入すると、ギャンブルで大損をこくように無駄金を消費させられることになる。

保険については、自分で知識をつけ、人のいいなりにならないくらいの知識と認識を持つ。

社会的地位が高い+傲慢な人ほど騙す側からは良いカモになる(P61)

「意識」の高い人や社会的地位が高く、「自分は特別な人間だ」とおごっている人ほど、自分のものには特別な良いことが起きると信じている。

そういう人は、自分だけおいしい思いができると思っているので、投資詐欺のカモになりやすい。騙す方からしても、この手の人間は騙しやすく、美味しい。

資産運用の4原則(P66)

資産運用をする上で知っておきたい4つの原則。

1・絶対に儲かる美味しい話は来ない。

→本当に儲かる話は自分たちで独占。投資を募るのは失敗したときのリスクを分散させたいから。

2・他人は人のお金がどうなろうと知ったことではない。

→投資話を持ちかけてくる人は「あなたのため」ではなく「自分の儲け」のため。

3・本当の話は誰も教えてくれない。

→投資がどうなのか、実際の話を話そうとする人はいない。それが詐欺話だったとしても、誰も助けてくれない。

4・自分の資産は自分で守る。

→自分のお金は自分で守る。当たり前のことだが、この心構えが自分の資産を守る。

投資のチャンスは暴落したとき(P113)

投資はみんなが損しているときにチャンスあり。株の動きは市場の空気で上下し、変動している。その変動が大きい暴落したときこそ、儲けの勝機がある。

不動産投資は難しくなる(P185)

日本では人口変動が起き、地方ではどんどん空き家が増えている。

不動産投資を狙う場合、不動産を持っているだけで税金が発生し、おまけに空き家リスクなど様々なリスクが発生する。

不動産で運用を目指す場合、よくよく慎重に検討すべし。

国民年金は払っておく(P206)

いろいろ叩かれる国民年金だが、利回りという観点で考えれば、このままの制度が続くという前提なら、払っただけ利益はある。

金融機関の話は信じない(P252)

金融機関の人が熱心に話す投資話、儲け話は信じていけない。それが自分の資産を守ることの大前提。美味しい話は絶対に自分の元には来ない。儲け話は「自分」ではなく「他人」のもの。

感想など

今の時代だからこそ真剣に考えたいお金の問題。お金の問題さえ解決できれば、人生の大半のリスクは回避することができます。

ではお金をどうやって増やせばいいのか?

そこで考えるのが投資などの資産運用ですが、何も知識もないまま投資の世界へ飛び込むと、もとのお金を失ったり、ひどい目にあったりします。

だからこそ、失敗しないために、慎重第一安全第一で、お金を失わないよう、安全に行動したいもの。そのための考え方として、いろんなお金の本を読むことは意味があることだと考えています。

今はアベノミクスや何やら、投資熱が高まっているようですが、投資は儲けの可能性と同時に、大損する可能性もあります。

熱に動かされて直情的に行動しては後悔のもと。冷静に行動し、自分のお金をしっかり守って増やしていきたいものです。

人生、手堅く楽しむなら、安全安心第一は最大原則かもしれません。

本の購入はこちら

臆病者のための億万長者入門