『フリーで働く! と決めたら読む本』の読書感想 – 自分の力で食べていく、そのために必要なものは

フリーで働く! と決めたら読む本

これがフリーランスで食っていくための第一歩。

中山マコト著『フリーで働く! と決めたら読む本』(日本経済新聞出版社)の読書感想です。

この本について

雇われずお金を稼いで生きていくフリーランスの生き方入門本。

・フリーランスになる前に知っておきたいこと

・食べていくための仕事の取り組み方

・クライアントとの付き合い方や選別法

など、独立前に知っておきたいフリーランスのノウハウを分かりやすく学ぶことができます。

以下、本書の読書メモです。

フリーランスと会社員(P23)

会社員は組織に依存して生きている。何にしても組織に従い、機嫌を取る必要があるが、組織に守られるというメリットもある。給料も安定している。

一方、フリーランスは、何事も自分で決めてやっていく。スタートは0であり、収入も安定しない。なので、不安定を楽しむくらいの独立心がないと、フリーランスとしてやっていくのは難しい。

フリーランスとして食べていくために必要なもの(P29)

フリーランスとして食べていくために必要なものは専門性。この仕事を頼みたい、仕事をお願いしたい、そう思われるくらいの専門性が必要。

その仕事は他の人では無理、自分しかできない、それくらいの力量と専門性を持つことが、フリーランスとして食べていくための条件になる。

フリーランスのためのリスクヘッジ(P48)

独立にあたり注意したいこと。

1・借金は絶対NG。

→借金をすると毎月固定費用が発生する。フリーランスの収入は不安定なので、毎月の固定費用は最小限に抑える。そのため、毎月の固定費用が増えるものへお金を使うのは避ける

2・オフィスは持たない。

→オフィスは賃料が発生する。当然、毎月必要なお金も増える。フリーランスは不安定。お金で余計な固定費用を発生させないことが大切。仕事の打ち合わせはこちらから出向くスタイルで。

3・通勤しない。

→通勤せず仕事は自宅で。通勤すると交通費もかかるし、朝という貴重な時間を効果的に使えなくなる。

4・スタッフを雇わない。

→フリーランスの仕事は自分一人でこなす。人を雇うと固定費が発生するので、スタッフは雇わない。自分以外でできない作業は、外注で依頼すればいい。

5・広告宣伝にお金を使わない。

→宣伝は効果不明瞭。効果が分からないものにお金を使わない。

「どう見られたいか」を意識する(P64)

フリーランスとして大切なのは、「何をしたいか」ではなく、「どう見られたいか」。

「どう見られたいか」を意識することで、自分の未来の姿が見え、それに向かって行動できる。自分の在り方をイメージすることで、自分で未来へのレールを敷くことができる。

自由を目指して(P112)

自由=「こうありたい、こうしたい!」という生き方を具現化した状態。フリーランスとして生きることを決めたなら、自由だけは妥協してはいけない。

お客は選ぶ(P115)

フリーランスとして食べていくために大切なのは、お客を選ぶこと。

「この人の仕事を受けたい」or「この人の仕事はしたくない」の区別をつけて、自分の能力を理解し、適切な報酬を支払ってくれる人の仕事のみ引き受ける。

それが、結果的に自分の価値を高める。

自分流ガイドラインを決める(P121)

フリーランスとして仕事をするなら、自分なりのこだわりとルールを持って仕事をする。

この仕事は引き受ける、この仕事はNGにする、こんな人とは関わらない、そんなガイドラインを決め、それを守ることが大切。

フリーランスは自己責任、だからこそ、働き方、仕事術にも自分なりのこだわりとルールを持つことが大切。

価格競争は絶対にNG(P182)

フリーランスで食っていくために大切なのは、自分のスキルを安値にしないこと。安易に値引きしないこと。価格競争に参加しないこと。

一度でも値引きしてしまうと、「こいつは仕事が欲しくてまけてくれる人間だ」とクライアントに認識され、どんどん値引きを要求されるようになる。

そのため、仕事は変わらず、報酬は少ないという最悪の状態になってしまう。フリーランスは自分が資本なので、安い仕事を引受けているとどんどん苦しくなってしまう。

値引きは自殺行為に等しいくらいの危険な行為。値下げを要求されるような仕事は引き受けない。

見積もりは有料でOK(P188)

仕事に関わることは全てお金をもらう。相見積もりや提案見積もりも当然有料で。それが気に入らないクライアントは仕事をお断りする。

見積もりはクライアントの姿勢を判断するための踏み絵。

見積もりにお金を払ってくれるクライントは本気度が高いので、安心して仕事に取り組むことができる。

ただ働きはしない(P193)

フリーランスは時間、知恵、労力、ノウハウ、全てが商品。

それが唯一の売り物であり、それ以外、フリーランスが売るものはない。だからこそ、何にしても、ただで何かをするようなボランティア行為はしない。

フリーランスの価値を理解し、お金を払ってくれるクライアントのみ。お金にケチな相手、「お金がかかるならいいや」という相手は切ってOK。

自分を安売りすべからず。

感想など

フリーランスとしての姿勢、仕事の引き受け方、お金の考え方、総合的な視点でフリーランスの生き方が分かりやすく学べる本。

フリーランスになると、何から何までが文字通り自己責任になります。だからこそ、どんな分野で仕事をするのか、お金はどう使うのか、自分で決めて自分で結果責任を取ることになります

特に大切なのはお金のこと。

フリーランス(というか自営業全般)は収入が不安定で、この月は70万、この月は25万と、入がバラけることが多々あります(売上ではありません)。

なので、収入を平均化して考えた上で、いかに毎月の固定費用を小さく抑えるかが、フリーランス的生き方には必須。

そのため、本書に書かれている、

「事務所は借りるな!」

「人は雇うな!」

「通勤するな、仕事は家でやれ!」

などの考え方は、本当に大切だと思います。

フリーランスになると、勤めていたときは何もかもがガラリと変わってしまいます。

得るものと失うものがあって、不安に感じてしまうところもありますが、独力で暮らしていく体験は、一度経験するともう元には戻れないくらいの魅力があります。

自由か安定を大切にするのかを天秤にかけてみて、もし「自由」を大切にしたいと思うのであれば、フリーランスは挑戦しがいのある働き方だと思います。

「自分は会社員に向いていない。収入は不安定でいいから、何から何まで自分で決めて、思った通り働きたい。」

という方は、この本の一読をおすすめします。

本はこちら