【偽Amazon】「エラーが発生しました、今アカウントは利用できません」は詐欺

メールボックスを開くと迷惑メールのところに「エラーが発生しました、今アカウントは利用できません」という題名のメールが。

詐欺メールについては面白い題名だなと思って見てみると、なんとAmazonを装ったフィッシング詐欺メールのよう。被害に引っかかる人が出ないよう、念のためこのブログでまとめておきます。

スポンサーリンク

偽Amazonからのメール

有名サイトを装いフィッシング詐欺を働く迷惑メールが存在しているのは知っていましたが、Amazonを装った詐欺メールは今回が初。

届いた実物がこちら。件名は「エラーが発生しました、今アカウントは利用できません。」という題名です。

偽Amazonの詐欺メール本文

内容を見ると、「あなたのアカウントを守るために個人認証をします。なので個人情報を寄こしてください」という話で、これにまんまと「確認用アカウント」をクリックすると被害に遭う、という感じでしょうか。

文面だけでもいろいろおかしいですが、「24時間以内に確認がない場合アカウントをロックします」というような文言を見ればもう確定。

送り主account-update@amazon.co.jpをチェック。

送信者を受信拒否

Amazon.co.jpにアクセス、で使用している送信情報を見てみると、一切該当がありません。

Amazon公式

URL:https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

ということで、迷惑メールとして受信拒否設定をして完了です。

放置していると?

ちなみにこの詐欺メールを放置or受信拒否設定していると、アドレスを偽装して、詐欺メールが送られてきます。

詐欺メール再び

FromはAmazonと書かれているものの、実際は下記のようなインチキなアドレスから送信されています。

偽装アドレス

文面も「アカウントをロック」などいちいち脅しの文言が入っています。

詐欺メール内容

完全無視でOKなので、さっくり受信拒否設定します。くれぐれも相手をしてはいけません。

フイッシング詐欺に引っかからないために

今、Amazonでも銀行でもなんでもそうですが、メールにかかれているリンクは安易に踏まないのが詐欺に合わない鉄則。

特に、「24時間以内に個人確認してください」など、こちらを焦らせて、やたら個人情報云々を言ってくるメールはそれだけでアウト。冷静に判断し、まずは届いたメールの文言を検索するなど、冷静な対処が必要です。

普通に考えて、Amazonとか銀行が突如、「個人情報を教えてください」など言ってくるはずがありません。メールで個人情報を要求してくるのは全て詐欺と考えて、スルーするのが吉です。

気になるなら、別途公式サイトを検索してアクセス。問い合わせすればいいだけの話。くれぐれも、インチキなメールのリンクをクリックするのはNGです。

まとめ

「エラーが発生しました、今アカウントは利用できません」とAmazonを装ったメールはフイッシング詐欺です。届いても相手にせず、受信拒否をして無視しましょう。

偽Amazonだけでなく、偽銀行など、迷惑メールはいろんなかたちで届きます。メールのリンクを安易にクリックせず、まずは警戒心マックス。公式サイトを確認するなど、冷静に対応しましょう。

追記

偽Amazonからは「あなたのアカウントは停止されました」というような詐欺メールも送られてきます。

偽Amazonからの悪質詐欺メール

メール送信元を偽装していますが、完全にスパムです。

「確認用アカウント」をクリックするとアウト。情報を抜かれてアカウントを奪われます。迷惑メール報告+受信拒否して無視しましょう。

コメント