『仁王2』覚醒編全ミッションクリア(序盤)までプレイした感想

仁王2トップ

2020年3月12日、和風「死にゲー」として人気を博した『仁王』の続編『仁王2』が発売。前作をやり込み、その難易度を味わった自分としては最初購入を躊躇。

しかし発売前に配信された体験版を触れ、「丁寧にブラッシュアップされた」印象を持ったので購入。「覚醒編」全ミッションクリア(序盤)+次の章の某大名を倒した状況です。

信長登場

そこでこの記事では、「『仁王2』に興味を持っている」かつ「難しんでしょ?」という理由で「購入を検討されている方」向けに、プレイした感想をお伝えしています。

ぜひ参考にしてみてください。

はじめに

まず結論から言うと、『仁王2』は未経験者・初心者には敷居が高い「経験者向け」の作品だと感じています。

自分は前作同様、メインを大太刀、サブに二刀という武器で攻略。

装備

感覚としては、『ダークソウル』シリーズのカンスト難易度や『SEKIRO』より遥かに難しい、と感じています。

その理由の一つが序盤のキャラの弱さと敵の異常な高火力。

序盤は特に気力が少ないのでスタミナ管理が重要になるのですがこれが大変。「残心」という失ったスタミナを取り戻すテクニックを使う前提の仕様になっていますが、これがアクションの難易度を高めています。

それ以上に初期のスタミナが低すぎるので、注意しないとすぐに息切れして動けなくなる→敵の高火力(妖怪やボス)を食らって瞬殺されます。

加え、前作同様序盤から敵の火力が異常です。自分は重装でプレイしていますが、それでも妖怪に殴られれば半分。つかみ攻撃を受けると7割。場合によってはHPが8割残っている段階で即死します。

そして肝心のボスは、「カウンター」など新しい要素を使いこなすことによって、クリアしやすいようになっています。アクションで要求される操作はとても多い、という印象です。

難易度について

『仁王2』を序盤クリアするまでプレイして改めて思うのは、難易度に関しては前作同様、「難しい」という概念がいわゆる『ソウル』シリーズや『SEKIRO』とは明らかに違う、という印象です。

基本的に『仁王2』は敵の高火力と数で難易度を上げています。そのため前作では「火力を最大に高めて敵を瞬殺する」というのが最高難易度の攻略のパターンでした。

今作もどうやらそのベクトルで「難易度」が設定されているようなので、ある意味難易度設定はとてもストレートです。すなわち、高火力+数(集団リンチ)です。

ともかく「どんな方法であれプレイヤーが死にやすければ難しい」という発想で設計されている難易度になっています。

そのため『ソウル』シリーズや『SEKIRO』など、「しっかり練られた難しさ」を期待している方が本作をプレイすると、いろいろ面食らう可能性があります。

最初の段階から敵が超高火力なので、今後DLCの発売につれ更に難しいモードが追加された場合、最終的には前作同様「ワンパン即死ゲー」になると予測しています。

難易度が追加されれば前作同様、重装でガチガチにしても雑魚兵の弓や鉄砲にかすっただけで瀕死になるバランスを予感しています。

あくまで序章での感想ですが、敵の配置等に関してバランス設計の根本思想に関しては、大きな変化を感じることはありませんでした。

前作より多少はマシにはなっていますが、本質的な部分は同じです。

・ツーパン、ワンパンで死亡

・強い敵に必ず狙撃手を配置

・落下死する道に強い妖怪を配置

・狭い場所で集団リンチ(サブミッション)

といった形で、ともかくプレイヤーが死にやすい=死にゲーというストレートな発想で難易度が上げられています。なので序盤慣れるまでは、本当にゴミのように自キャラが死にました。

個人的な感想として、マップの「推奨レベル」が書かれていますが、それを見る限り難易度に関して開発者の方は相当ゲームに慣れている方を想定している印象です。

達成

個人的な認識として、死にゲーの面白さというのは、キャラの強さが成長するだけでなく、プレイヤー自身が操作スキルを磨き、勝てなかった敵を試行錯誤の末に倒せるようになる達成感と考えています。

そのため『仁王2』の難易度に関しては「難しい」と言えばそうなのですが、その「難しい」という考え方はいわゆる他の死にゲーとはバランス設計の思想が大きな隔たりがある、と感じています。

ワンパンツーパンで死に、サブミッションでリンチされた挙げ句ようやくクリアできたときに感じるのは達成感よりもストレスで、特にそれはキャラが育たず弱い序盤のマップで顕著な傾向でした。

ゲームを進めていくとキャラも成長し、装備やスキルも増えてかんたんになっていくのですが、序盤は特に厳しいです。なので、新規の購入者の方などは、序盤の段階で相当「選別」されることになると感じています。

ちなみに、前作で登場したいわゆるリンチ系ミッションについて一言。

理不尽なミッション

前作同様、『仁王2』でも序盤のミッションから複数敵が登場してサクサク敵を倒さないと集団リンチされるミッションが用意されています。

第二章となる飛翔編においても狭い場所に閉じ込められて集団リンチされるミッションがあり、結局適切な解法は「高火力で敵をサクサク処理していく」という極めて原始的な方法。

敵の処理にもたもたしていると乱戦状態になり、「あっ」と思ったときには画面外から敵の高火力の攻撃に被弾し死亡します。

確かに前作より多少はマイルドになった感はありますが(前作はもっと酷かった)、個人的に狭い場所で複数の敵からリンチされるミッションに「面白さ」を感じることはできませんでしたが、今作も同様でした。

なので今後はこの手のミッションに貴重な時間を費やしてプレイする意義を感じないため、一切スルーする予定です。

幸い『2』ではオンラインをつなげばNPCを気軽に呼べる(青い塚から召喚)ので、援軍を要請すれば多少ストレスは緩和されますが、初めてプレイする方にとっては、これらのミッションが大きなストレスになるでしょう。

特に、ミッションを全てクリアしないと気が済まない方には、狭い場所で複数の敵からリンチされ死亡しまくるミッションの攻略が大きな苦行となる可能性がある点、こちらでお伝えさせていただきます。

「和」と「重厚感」を感じられる素晴らしい雰囲気

難易度に関しては決して気楽にゲームを楽しめるものではありませんが、ゲームの雰囲気については非常に重厚感があって「最高!」としか言いようがありません。

マップ

特に驚いたのはキャラメイク。めちゃくちゃ細かく作ることができます。

キャラメイク

そして装備を集めてキャラを作っていく。そのトライ&エラーに関しては、『仁王』というブランドの面白い点だと感じています。

防具

ちなみに、自分のキャラがスタート画面にそのまま反映されるのは素晴らしいこだわり。

スタート画面

難易度に関しては雑な印象を拭い去ることができませんが、それ以外の点については非常に丁寧に作られている作品だと感じています。

ボスについて

ウソを書くとあれなので正直に書きますが、まず最初の馬のボスで20回ほど死亡。次のマップの地面を爆発させてくるボスにはなんと30回近く死亡。

ここで鍛えられたせいか、最初に出てくる牛の巨大モブは初回。そしてメインミッション3つ目の蛇のボスは3回。次の章に入り出てくる某大名ボスはあまりにも弱すぎて拍子抜け。

難易度のバランスについて非常に極端だと感じています。

強さで言うと、

2番目のボス(狭い+高火力+硬すぎ)>最初のボス(馬)>>>>蛇のボス>>>>>>>>2章目の最初のボス

という感じで、序盤のボスが強すぎる印象です。

とはいえ、ボス戦に関しては多少のトライ&エラーを感じることができたので、もう少し難易度(火力と攻撃頻度、速度)が丁寧に調整されば面白いのに、何度も感じました。

序盤は操作に慣れていないだけでなく、キャラは気力がどうしても足りなくなるので、残心を使っても気を抜けばすぐ息切れ→動けなく→ワンパンというお約束が待っています。

前作もそうでしたが、序盤が一番きつく、先に進めばキャラの装備やスキルが充実して楽になるというのは、『2』の方でも同じのようです。この点、序盤のバランスが悪すぎるのが気になります。

なので、最初の段階に関しては『仁王』をプレイしていない方や『SEKIRO』で面白さよりストレスを感じた方は、『仁王2』はストレスを感じる可能性が高いと言えます。

幸い、本作ではロードが爆速です。ボスにリトライしやすい点+ボスの近くからリトライできる点は、前作より大幅に改善されているポイントの一つです。再挑戦は簡単です。

まとめ

ということで長くなってしまったのでまとめます。

序盤をプレイした限りでは気になったのは「難易度設定」だけです。難易度を難しくしすぎている、というのが感想でキャラが豆腐のようにサクサク溶けます。

妖怪の攻撃で7割減る。ボス戦は基本3発。装備によっては2発でやられるのがデフォルトで、すぐに死ぬ主人公を見ると「あなたよりそのへんの雑魚兵の方がよほどゲームの主人公にぴったりですよ」と言いたくなります。

レベルを上げれば確かに強くなっていきますが、ミッションごとに難易度設定のクオリティがとても極端です。つまり順を追ってゲームに慣れることが難しい内容になっています。

なので、軽い気持ちで『仁王2』を購入される方や、息抜きのためにゲームをプレイする方は要注意です。

最初の段階でプレイヤーが選別されてしまうため、本作の面白さであるキャラの強化+装備集めといった面白さを味わえず、途中で「積みゲー」となる可能性が高いです。

おそらく今後アップデートが入りバランスが変わると思われますが、現時点の段階においては、序盤は特に難易度が高く「誰でも」楽しくプレイできる作品と言うことは難しいと言えます。

一方で、作品の雰囲気。アクションの多彩さや細部へのこだわり等は素晴らしいとしか言いようがありません。なので密かに思ったのは、「この作品は死にゲーにこだわらなくてもいいのでは?」ということ。

個人的にはもっとストレスなくプレイできる点を重視して、装備集めやキャラ強化に充実感を感じられるベクトルに進化すればなぁ、と感じています。

以上、『仁王2』に興味を持っている方の参考になれば幸いです。

追記

「飛翔編」のミッションを最後のメインミッションをのぞき全てクリア。最後のメインミッションのボス直前まで到達しましたが、やはり難易度のバランスが雑なこと以外は、おもしろい作品だと感じています。

ただ本当に残念なのは難易度設定。

1)高火力ワンパン、2)集団リンチ+狭い場所のどちらかで死亡するのがほとんどで、その状況で入手できる強い防具(重装)を装備しても、強めの敵の強攻撃(つかみ攻撃など)は8割HPを削られます。

結局難しさに関してはワンパターンで前作で強いストレスを感じた部分、特に敵の火力に関してはあまり改善されていない印象です。

ワンパン即死を廃止したりリンチミッションを廃止もしくは数の暴力を強く緩和して、もう少し適切に調整されればもっとストレスなく作品を楽しめるのに、というのが感想です。

一つ言えるのは、『仁王2』の難易度は、「頭を使ったりして状況を打開する」という難易度の方向性ではありません。

ボスに関しても明らかに「覚醒編」より「飛翔編」の方がかんたんですべて1回クリア。「「飛翔編」の強さのボスを最初に持ってきてくださいよ」と感じずにはいられません。

多分、初めて『仁王2』をプレイする方は最初で選別され、ワンパンやリンチで嫌になってしまう可能性が高いので、作品の魅力に気づく前にプレイをやめてしまう人が多くなるかもしれません。

あなたがワンパンや集団リンチで死ぬゲームにストレスを感じる場合、本作でも同じストレスは相変わらず健在。その点はご注意を。

『仁王』の感想等についてはこちら