「話が面白い人」になる極意とは?『雑談力』の読書感想

雑談力 (PHP新書)

大切なのは話し方>>>>内容。

百田尚樹著『雑談力』(PHP新書)の読書感想です。

この本について

「この人の話は面白いなぁ」と思われるための話し方本。雑談で人を楽しませ、楽しく過ごすにはどうすればいいか、雑談力の極意をこの本で。

以下、本書の読書メモです。

定番は起承転結(P20)

面白い話をするには、頭の中で話の筋道を考えることがまず最初。起承転結で話の流れを考え、きちんとオチを作る。

売れる作家はココがすごい(P24)

つかみがつまらない作家に面白い小説は書けない。

売れる小説、人の心をつかむ小説は、出だしから読者の心をつかむ。この意味で、つかみの能力=物語を作る能力。

話のストックを持つ(P69)

話が面白い人になるためには、普段からいろんなネタをストックしておくことが大切。

本、新聞、テレビ、ネット、人の話、「面白いな」と思ったことはそれを覚える気持ちで、どんどんネタを貯めていく。

成功について(P77)

大きな成功をつかむには、人生のどこかで、リスクを犯して勝負にでなければいけない。

小さな成功なら、それほど危険を犯さずともつかめるが、大きい成功をつかみたいなら、安全思考ではダメ。

雑談NGの話題(P88)

雑談にはしない方がいいものがある。シモネタ、政治、株、宗教、これらの話題は、雑談では避けたほうが良い。

これだけはやめておけ(P107)

雑談で最大のタブーは、自分の自慢話を延々と語ること。聞いている身に立ってみると、人の自慢話ほど下らないものはない。

雑談は人を楽しませるためにするもの。その気持を忘れてはいけない。

感想など

会話はどうするとか、話題はここに注意するとか、楽しく雑談するためのいろんなネタが詰まった本。

やっぱり話が面白い人は魅力的だし、新しく知り合った人と気軽に雑談できるスキルがあれば、世界も広がって、人生が豊かになります。

まぁコミュニケーションは話し手と聞き手がいて成り立つものなので、自分だけがペラペラしていても仕方ないかもしれませんが、多少の話の心得があるのはいいこと。

「ちょいと話術を磨いて、人を喜ばせたいな」と思ったときはこの本で雑談力アップ!

本の購入はこちら