『コンビニのレジから見た日本人』の読書感想 – これは日本人のモラルを問う本か?

コンビニのレジから見た日本人

コンビニで働く店員が語るコンビニ客の実態とは。

竹内稔著『コンビニのレジから見た日本人』(商業界)の読書感想です。

この本について

コンビニ店員の視点から日本人の行動、モラルの変化について考察された本。

と言えば堅苦しいですが、簡単に言えば「こんなひどい客が増えた、日本人はどうなってんだ!?」的な内容が中心になっています。

・店員に横柄を通り越して度を超えた要求をする客

・コンビニの無料サービス競争を利用して過剰なクレクレ要求をする客

など、読んでいて気分を害する内容が盛りだくさんです。

私は旅行中でしかコンビニを利用することはないのですが、24時間いつでもどこにでもあるコンビニは便利。

どこにでもあり、いつでも利用できる。だからこそ、利用者側が「天狗」になることもあるのかもしれません。

本書によると、立場上強く出れないコンビニ店員にいちゃもんや因縁をつけ「憂さ」を晴らそうとする人がいるようですが、世の中の歪は弱い立場のところにこそ現れるもの

この本を読んでいると、気分がよくないというか、「皆が余裕のない世界になっているのかも」と感じてしまいました。

まぁ、世の中便利になる反面、その便利さを享受できず、「便利さの犠牲になる人々がいる」ということなのかもしれません。

本の購入はこちら