不可解な行動には理由がある?『ものぐさ精神分析』を読んで

ものぐさ精神分析 (中公文庫)

岸田秀著『ものぐさ精神分析』(中公文庫)の読書感想です。

こちらは、日本近代の精神分析から性、人間、ナルシズムなど、いわゆる精神分析的な方法で、独自の論が展開されている本。

歴史や国家を精神分析するという点が独特で、

・幕末の日本が近代化していく分析(ペリー来航と日本の分裂症発症)

・吉田松陰と近代日本の関係

などは、読んでいて面白く、「こんな考え方もあるのか、いろんな物の見方があるものだな」と感じました。

スポンサーリンク

心を分析すること

「なぜか木曜になると、キット◯ットのチョコレートが食べたくなる」

「ベージュ色のスカートの女性を見ると、なぜか悲しくなる」

なぜそうなるのか、理由が自分でも分からない。そんなことがあります。

ある心理学者は、「人は様々なことを心の奥底に抑圧し、それが原因でいろんなメンタルの病気を引き起こす。問題を解決するには、心に抑圧したものを見つめなおす作業が必要だ」ということを主張しました。

ここから、心への探求が始まり、カウンセリングなどの分野が生まれましたが、心というのは数式のように、具体的で分かりやすいものではありません。

3+3が10や29になることもあります。曖昧でつかみにくい。

しかし、「なぜ?」という問を見つめていくうち、「そうなのか!」と答えが見つかるときもあります。

その腑に落ちたときの感覚、なぜなのかを納得できた感覚、それが問題の解決につながることがあり、だからこそ、心の問題は一筋縄ではいかないものなのかもしれません。

本の購入はこちら

コメント