『逆境を生き抜く「打たれ強さ」の秘密』の読書感想 – 「折れない心」という人生最大の武器を手に入れるために

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆境を生き抜く「打たれ強さ」の秘密 (青春新書プレイブックス)

折れないヘタらない、そんな心を手に入れたいとき。

岡本正善著『逆境を生き抜く「打たれ強さ」の秘密―タフな心をつくるメンタル・トレーニング 』(青春出版社)の読書感想です。

この本について

いわゆるメンタルトレーニングの本。

人生いろいろあるものですが、ちょっとやそっとでぶれない、強い心がないと、心折れて志を貫徹することが難しくなってしまいます。

そこで大切になってくるのが心の強さ。

ちょっとやそっとでは折れない、タフな精神、折れない心を作るにはどうすればいいかなど、打たれ強くなるためのヒントが満載の内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

自分の可能性を狭める有害な考え方(P16)

人間に強いも弱いもない。自分は弱いと決め付け、打たれ弱い自分を演じることによって、様々な損をしてしまう。

気をつけたいのはこんな考え方。

1・「自分にはできない」という思考

人は過去の経験をもとに未来を予想する。小さい頃の失敗、過去の挫折経験によって、「俺はダメなんだ」と思い込んでいる人が多い

でも、未来は変えられる。自分の気持ちが折れなければ。

2・悪い状態を当たり前と思っている

人は不幸や不運にも慣れてしまう。悪いことが続くと、それがデフォルトの状態のように考えてしまい、「自分は幸運に縁がない」と思い込んでしまう。

3・中途半端、どっちつかず

人は今日からでも明日へ向け、より良い日々を目指せる。でも、気持ちが不安定だと、「俺は頑張れる」→「俺にはできない」とフラフラして中途半端になってしまい、結局に何もできない。

4・人間関係で自分の魅力を発揮できない

魅力がない人などいない。問題は自分の魅力を上手く表現できているかいないか、それだけ。自分に自信がないとき、人は萎縮し、自分の魅力を発揮できない。自分をアピールできない限り、魅力に気づいてもらうことはできない。

5・相手のマイナス面を引き出してしまう

「どうせ」「やっぱり」など僻み根性を持っていると、それが相手に投影され、人の悪い面ばかり引き出すようになってしまう。

プレッシャーを感じるのは良いこと(P25)

勝負に勝つ人は、プレッシャーを利用している。プレッシャーがあるからこそ、人はそれを燃料に、より高みを目指すことができる。

プレッシャーを感じるということは、それだけ良い結果を出したいということ。

プレッシャーを感じた時は、「俺は弱い人間だ」「ダメだ・・・」とネガティブにならず、「よし、いい具合に緊張してきたぞ!」と自分を奮い立たせる。

プレッシャーを上手く使えば、それは良い結果を出すためのパワーになることを忘れてはいけない。

ミスを体験して対策パターンを作る(P43)

「これをしたら上手くいかなかった」という経験を持つ人は強い。

失敗は成功の母、ミスをしたときは、「こういうことをしたら失敗する、こうミスしたらこう動こう」という、自分なりの対策パターンを持つ。

成功の条件(P52)

自分らしさを知ること、自分のリズムを知ることは成功の絶対条件

自分が分かっていれば、必要以上に小さくなることも、大きくなることもない。自然体で動くこと、それが一番自分の力を発揮できる方法。

勝利の目的を認識する(P66)

大切なのは、競争に勝ち抜くことではなく、自分の目的が達成できるか。

自分にとって大切なことを見失ってしまえば、勝利をしても意味がない。「何のため」という、目的を失わないこと。

悪口を言われていることに気がついたら(P67)

周りから悪口・陰口を言われだした=周囲の中から存在感が出てきた証拠。悪口を言う相手は、自分のことを脅威に感じだし、不安を感じている。

他人に攻撃をしてくる人間の根底には、「俺はあいつに負けているのでは?」という恐れと不安があり、こちらよりも優位に立ちたいからこそ攻撃してくる。

本当の自信とは(P77)

本当の自信とは、自分ができることとできないことをしっかり理解し、受け入れているということ。

何もかも完璧な人間などいない。自分ができることをしっかりやる。それが自信になる。

メンタルトレーニングの基本、呼吸(P101)

呼吸の基本は腹式呼吸。口からたっぷり息を吐き、鼻から息を吸う。吸うことよりも吐くことを大事に、ゆっくりたっぷり息を吐く。

感想など

「心をトレーニングする、それはどんな方法なのか?」と興味を持って読み始めた本。

この本を読むと、いかに「心」という要素が人生で大切か、とても分かりやすく理解することができます。

では具体的にどうやって折れない心を作ればいいのか、この本にはいろんなヒントが書かれています。それを参考に、ステップバイステップ、できることを始めていくことができます。

人生の目標、願望を実現するには意志の力が不可欠。

人生のここぞという場面、「俺はダメなんだ・・・」とヘタってしまわず、最後まで意志を貫き行動できる、そんなメンタルマッチョな人間になりたいものです。

本はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする