『勉強上手』の読書感想 – ポイントはムダな勉強に時間を使わないこと

勉強上手

ムダな勉強は時間のムダ。ポイントは興味があること、得意なこと。

成毛眞著『勉強上手』(幻冬舎)の読書感想です。

この本について

マイクロソフト日本法人の社長を勤めたことで知られる成毛眞さんの自己啓発書。

この本のテーマは「勉強法」で、著者の勉強についての考え方、出版されている勉強本についての、著者のコメントが主な内容になっています。

この本を参考に、自分に合った勉強法を見つけてみるといいかも。

以下、本書の読書メモです。

興味を持ったことを大切にする(P5)

勉強は「今すぐ」役に立つこと、効率が求められるが、すぐに役に立つことはすぐに役に立たなくなる

本当に大切なものは、時間をかけてじっくり。自分の興味や関心をじっくり勉強することが大切。

好きなことを追求せよ(P17)

これからの時代は一芸、自分の好きなこと、得意なことを伸ばしていけば、それが日の目を見る。芸は身を助ける。

努力が必要な勉強はするな(P22)

勉強するのに努力はいらない。「努力している」と思ってやることは時間のムダ。

努力しなければできない勉強は向いていないので、やめた方がいい。自分に向いていること、「努力している」と思わず、自然としてしまうことを見つけるべし。

恋愛は人生勉強(P44)

男も女も、一番の勉強になるのは恋愛。

コミュニケーション能力や洞察力、リサーチ力、恋愛することで、人生に必要な勉強を実地で身につけられる。

あれこれ資格の勉強をするより、恋愛して、人間力を磨く。

不得手は克服できない(P57)

人にはそれぞれ適正がある。不得手な人は努力してもそれがもともと得意な人には勝てない

そんなムダな努力をするより、自分が得意なこと、サクサクできることを見つけて、その能力を磨く方がいい。

修行僧のような勉強はやめておけ(P81)

したいことを我慢し、いろんなことを犠牲にして、黙々と勉強を重ねても、その努力は意味をなさないかもしれない。

若いときには若いときにできることがある。人生、する必要のない勉強でムダに時間を浪費してはいけない。

成功法を勉強しても成功できない(P125)

金持ちになる方法や人生で成功する方法を売りにしているビジネスがあるが、それらで勉強しても成功できない。

人生で成功する人は、成功する方法や金持ちになる方法など勉強していない。そんな時間があるなら、やるべきこと、仕事をきっちり頑張る。

感想など

「ムダなことはしないで、自分の好きなこと、得意なことをする。」

「一点特化、ある部分でずば抜けたモノを持て。あれもこれも、資格を取ったりしたくない勉強をするのは時間のムダ。」

というよう、勉強についての考え方が刺激的な本。

このムダな努力をやめなさい』という本がありますが、それと同じような考え方の内容で、徹底したリアリスト的な考え方は、とても共感できます。

頑張って勉強しても、不得手なことは努力に見合った結果は得られません。そんな頑張りが必要なことを勉強するより、楽しんでできること、興味を持ってスイスイと勉強できることの方が、確かに実りは大きいもの。

人生の時間は限られています。不要な勉強はせず、本当に大切なことは何なのかを意識することの大切さを実感した本でした。

本の購入はこちら