『情報の「捨て方」』の読書感想 – 情報は増やすよりも捨てること

情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)

情報過多の時代だからこそ知っておきたい情報を得る方法&捨てる方法。

成毛眞著『情報の「捨て方」』(角川新書)の読書感想です。

この本について

情報過多の時代、いかに必要な情報を得て、不要な情報を捨てるか、その必要性が説かれた本。

テレビや新聞、雑誌、本、ネット。情報はどこでも得られる反面、「捨てた方がいい情報」も。

必要な情報を得るためにはどうすればいいか、不要な情報はいかに捨てるか、情報の取捨選択の考え方が学べる内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

捨てる意味(P5)

世の中にはたくさんの情報が溢れている。だからこそ取捨選択が必要。

つまらないもの、覚えていても仕方ないものはさっさと忘れて、有益なものに時間を費やすべし。

情報源は独自のものを(P21)

皆と同じ情報源しか持っていなかったら、思考や発想、行動も他の人と同じになり、自分を差別化できない。

人とは違う行動を起こすため、人と違う判断材料を持つ。

人と違うことができる人が高収入を得られる(P37)

今の世の中、代替のきかない人、他の人ができないことができる人が高額の報酬を得る時代。

専門性、独自性を磨くために、質の高い情報収集力が必要不可欠。何が大切で何が不要なのか、その見極めが必要。

情報は「真実」より「事実」(P47)

情報を得るときは「真実」より「事実」を重視する。

世の中にはある特定の視点によって加工、脚色された「真実」がゴロゴロしている

テレビや新聞、メディア、ブログ、情報源が意図的に垂れ流す「真実」を鵜呑みにしていると、しらないうちに、思考がある方向へ誘導されていく。

だからこそ、情報を得る上で大切なのは、「真実」よりも「事実」。「事実」はウソをつかない。解釈は自分次第。

本当の情報価値は、「事実」にこそある。情報を得るときは、「真実」と「事実」を区別して読む。

気になる本はすぐに買う(P56)

本はすぐに店頭から消えてしまう。気になった本、読みたいと思った本は、迷わず買っておく。

雑誌の読み方(P57)

雑誌はコンテンツよりも広告に注目する。広告は流行を端的に示すもの。広告を読めば、その分野の流行が分かる。

検索エンジンの欠点(P110)

検索エンジンは、気になること、知りたいことをキーワードで入力すれば、知りたいことをすぐ教えてくれる便利なツール。

しかし、検索エンジンは、自分でキーワードを入力しない限り、知りたいことを知るための正しいキーワードを入力しない限り、知りたい情報を教えてくれない。

やったことのないこと、知らないことの情報は、検索エンジンで調べることができない。

検索するキーワードを豊富に持つ人は、どんどん情報を入手できるが、語彙の少ない、検索するキーワードが少ない人は、限られた情報しか得ることができない。

この意味で、検索エンジンは情報格差を広げるツールでもある。

感想など

「テレビは見るな、見るならBSを見ろ!」

「大学は勉強法を学ぶ場所、大学で学べること自体に大きな価値はなく、行く目的は学位と友人だ!」

「街に出て流行が本当なのかを自分の目で見ろ!」

など独自の情報収集論が学べる本。

今や情報はそこらかしこに氾濫しています。

ところが、その情報は価値のあるものだけでなく、ウソやインチキ、洗脳のための悪質なものまで様々。

いい情報は大きなチャンスですが、悪い情報を信じて行動してしまうと後悔の原因に。だからこそ、情報の良し悪し、要不要を見分ける目が必要なのかも。

情報に踊らされる「情弱」にならないため、自分なりの視点を持っておきたいところです。

本はこちら