これぞ至極の癒やし歌。城南海さんのアルバムを聴いて

日本の素晴らしい景色

YouTubeで音楽をチェックしていると、偶然ある歌が耳に。

その歌を聴いたあとしばらく息を呑み、パソコンの画面の前で、まるで時間が止まってしまったかのような、圧倒的な何かを体感。

その歌声の持ち主がこちら、城南海さんという歌手の歌声でした。

https://www.kizukiminami.com/

YouTubeでそのほかいろいろ歌をチェック。そのどれもが、圧倒的なパワーを持ち、その歌声はまさに癒やし。

体から元気が溢れてきます。

カバー曲が多いようですが、オリジナルも素晴らしい。

ドラマチックでメロディックな「月と月」。

サビ部分への展開が最高に心踊る「Silence」。

作り手の品格と清廉さを感じる「七草の詩」。

そして敬虔で厳粛な美しさが満ちた「 祈りうた~トウトガナシ~」。

ほんとなんというか、歌声に癒やされるというか、こんなにも元気がもらえる体験は久々。

こんなに素晴らしい歌手の歌を知ることができ、本当に幸運です。

ということでアルバムをAmazonを購入。城南海さんのアルバムを聴き込むことに。

まずはお気に入りの歌が収録されていた「月下美人」。

そして有名カバーが多い「綾蝶~アヤハブラ~」を購入。

歌声が印象的とか美しいとか、そういうレベルではなく、魂の奥底を強く揺さぶられるような、強いエネルギーに満ちたアルバム。

カバー曲もいいですが、やはり個人的にはオリジナル。歌詞の表現。歌のメロディー。

なんだろう、歌に温かい何かがあって、それは言葉ではうまく表現できません。

ともかく、久々心から素晴らしいと思える音楽に出会えたのは本当に幸運。素晴らしいものは理屈なしに素晴らしい。

個人的には、「癒やし歌」という表現がぴったりだと思います。ということで、別のアルバムも買って、聴いてみよう。

コメント