人生で大切なことは案外シンプル。『マイケル・J・フォックスの贈る言葉』を読む

マイケル・J・フォックスの贈る言葉――未来へ踏みだす君に、伝えたいこと

バック・トゥ・ザ・フューチャーでおなじみのハリウッド俳優、マイケル・J・フォックスが人生で大切にしている事とは。

『マイケル・J・フォックスの贈る言葉』(早川書房)の読書感想です。

この本について

高校中退をしてハリウッドの世界へ。バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズで名声を手にしつつ、30歳の若さでパーキンソン病を発病。

壮絶な体験をしつつ、前向きに生きるマイケル・J・フォックスの生き方は、私達に勇気を与えてくれます。そんなマイケル・J・フォックスが人生で大切にしていること、学んできたことを書いたのがこちらの本。

高校を中退しても勉強を続けたこと、勉強して役に立ったこと、影響を受けた俳優や映画など、マイケル・J・フォックスが人生で大切にしてきたことが語られています。

感想など

人生、失望しても諦めない。今を大事にすること。どんなときも、明けない夜はない。大切なのはいつだって「今」。この本からは、そんな前向きな言葉が溢れています。

成功の絶頂でまさかの難病、俳優生命が絶たれるような状況。想像を絶する苦しみがあったでしょうが、そこで諦めず、パーキンソン病に苦しむ人たちを助けるために財団を設立、病気と戦いつつ俳優活動の再開に挑戦、2010年にはドラマに出演へ。

人生の逆境から這い上がるのは本当に大変なもの。まして、難病にすら絶望せず、前向きに生きていくのは並大抵のことではありません。マイケル・J・フォックスは本当にスゴイ人だと思います。

「人生、諦めなければ何とかなる。いや、何とかしなくてはいけない。這い上がれ、そして生きろ。」

そんなポジティブなメッセージの詰まった本でした。

本の購入はこちら

コメント