この本を読めば、孤独が決して不幸ではないことに気づく。『ある世捨て人の物語』を読む

ある世捨て人の物語: 誰にも知られず森で27年間暮らした男

あなたは知っていますか?

高校卒業後、すべてを捨てて森の中へ隠遁。それから27年間。誰も知られず、ひっそりと森で暮らした男の話を。

それがこちら。

マイケル・フィンケル著『ある世捨て人の物語: 誰にも知られず森で27年間暮らした男』(河出書房新社)です。

この本について

本書では20歳のとき何もかもが嫌になり森に隠遁した男、ナイトを丁重に取材。

一体なぜ、ナイトが森での暮らしを選んだのか。そして、彼がどのように「発見」されたのか。森での暮らしがどのようなものだったのか。

客観的かつ観察的な文体で、ナイトの隠遁生活をトレースすることができます。

そこで私達が感じることができるのは、ナイトの孤独だけれども自由で、豊かな隠遁生活です。

現代社会に生きている我々は、「人生はこういう生きるべき」という、社会のレール、仕組みに乗っかかり生きています。

ところが。

そこから離れ、自分の思うとおりに生きてみる。そういう生き方だって、決して不可能ではありません。

ナイトのように、誰にも知られず森のなかに隠遁し、生きていくことは確かに極端ですが、常識から離れ自由に生きること。

それは考え方次第。決して非現実な話ではありません。

森に隠遁し、鏡も何もない世界。自分の名前、そして容姿すら忘れて生きていく。そのなかで自分は一体何者なのか。生きることは何なのか。

そうした本質的な問いに向かい合う。だからこそ、生きることのその真髄を見出すことができる。

本書を読めばナイトがなぜ世の中から隠遁し、森に住処を見つけたのか。

そして、著者の取材に対して、

ほかに、どうしようもなかったから、そうした。充足感がなかった。そして、充足できる場所をようやく見つけた。

P207

と答えたのか。

その理由に理解を示すことができることでしょう。

感想など

本書を読んで気づくこと。

それは、私達が、いかにたくさんの常識によって頭が硬くなってしまっているか、ということ。

生きることとはすなわち、現実への適応で、現実に適応することによって、私達は現代生活を送ることができるように設計されていきます。

これは別に悪いことではなく、批判されるものでもないですが、ときになぜ人は生きるのか。何のために生きているのか。

そういった疑問に頭を悩まされ、今の暮らし。現実に疑問を持ってしまうこともあります。

だからといって何もかも捨てて森のなかに隠遁したいとは思わないですが、嫌になってしまい、現実から逃げ出したい。

別の場所で誰にも知られず生きていきたい。そういう気持ちを持つことは、十分理解できます。

本書の主人公(実在の男)は20歳からずっと森で孤独に27年も暮らした男。彼がなぜ、その道を選んだのか。そして、彼はその暮らしで何を見つけたのか。

興味がわいた方は、この本を読んで現代の暮らし。生きていくこと。そして人生。いろんな気づきが得られることでしょう。

本の購入はこちら

コメント