結局人生、本気出さなくてもなんとかなる?『俺はまだ本気出してないだけ』の感想

俺はまだ本気出してないだけ スペシャル・プライス [DVD]

「今日から俺は」と決めたときがそのとき。

堤真一、橋本愛主演『俺はまだ本気出してないだけ』(2013年)の感想です。

あらすじ

42歳の大黒シズオは突然「本当の自分を探す」と会社を退職。無職となり、無為徒食の日々を過ごす。

ところがある日、大黒シズオは天啓を受けて「俺、マンガ家になる」と宣言。「俺は本気を出す!」とマンガを書き始めるが・・・。

トレイラーはこちら

感想など

「あんた、結局いつ本気だすのよ」というツッコミはおいておいて、「こんなおっさん、最高だなぁ」という映画。

会社を辞めて自分探ししている40超えたおっさん。娘と父親と3人くらしだけど、「自分の人生に後悔したくない、本当の自分を見つけたい」と毎日プラプラしてるだけ。

無職で脳みそは究極的に甘くて、娘にお金を借りたり(娘は大人の店でバイト)人間的にはダメなのかもしれないけど、でもなんかいい。

ダメ人間って、身近にいたら有害かもしれないけど、でも皆が皆が完璧な人間ばかり、頑張る人ばかりだったら、世の中はきっともっとおかしくなっているかも。

あと、堤真一さんが最高。

『舞妓haaaaan』の野球選手、ショートホープのシーン(「ワレワレ」言って舞妓さんに火をつけられるシーンとか)とかもそうだけど、『俺はまだ本気だしてないだけ』も、すごいキャラが独特で、コメディに嫌味というか不自然さがありません。

天然のキャラを見ている錯覚(演技臭さがない)があるくらいソフトで、ゆるく笑えます。

まぁ何はともあれ、人生頑張る過ぎてもダメ。ときに本気出すくらいで、ほそーくながーく、マイペースに進んでいきたいものです。

DVDの購入はこちら

俺はまだ本気出してないだけ スペシャル・プライス [DVD]