MacBook Pro Retina 13インチを5ヶ月使った感想

公式イメージ

音楽制作のためにMacBook Retina 13インチを購入してはや5ヶ月。今では欠かせないパソコンになってしまいました。

なぜMacBook Pro Retina 13インチを選んだのか?

Mac購入のきっかけは音楽制作ソフトを使うため。パソコンの種類、スペック等の予備知識ゼロでアップルストアに行き、

ガレージバンドロジックプロを使いたい」

「動作が早いパソコンがいい」

という希望をアップルストアの店員につげ、店員に勧められるまま購入したのがMacBook Pro Retinaの13インチモデル。

操作が便利すぎる

マッキントッシュのパソコンはこれが始めてで、右も左も分からない状態。操作感、仕様など、ウィンドウズとの違いに戸惑ったものです(Mac初心者が感じたWindowsとの違い)。

ただ、日々MacBook Pro Retinaを使い、海外旅行にも同行させて思ったのは、「このパソコンはすごい」ということ。

トラックパッドが想像以上に便利で、片手でラクラク、いろんな操作ができます。ネット閲覧もスピーディー。

パソコンの動作も早くてサクサク動くのでとても快適。私はせっかちで、動作が遅いとイライラしてしまうタイプなので、助かっています。

ほかのMac製品に興味を持ち、量販店のアップルストアでMacBook ProとMacBook Airの起動や動作の速さを確認してきましたが、Retinaの方が早かったです。

特に違いが顕著なのは、画面の綺麗さ。ディスプレイはRetinaがダントツ。一度Retinaディスプレイに慣れてしまうと、ほかの画面が使えなくなってしまいます。

旅行で役立ったwifi機能

ノートパソコンの魅力は軽くて持ち運びができること。MacBook Pro Retinaも、軽さはAirにはかなわないものの、ノートパソコンのなかでは軽い部類に入ります。

私も旅行中、MacBook Pro Retinaを持って行き、ホテルのwifiでネット接続、フル活用しました。

ヨーロッパの宿屋は無料wifiが使えるところが多いので、Macのwifi機能がとても便利でした。クリック1つでwifiをオンにできるので、操作も簡単。

ホテルを予約→泊まる→ホテルの部屋で次のホテルをネット予約

という感じで使い、快適に旅行することができました(飛び込みでホテルを探すのは大変です)。

wifiが便利なMacを持っていけば、海外旅行も安心かも。

まとめなど

実際に自分がMacBook Pro Retina 13インチを使い始めたからか、アップルのほかのパソコンに興味を持つようになりました。

仕事、ネット、すべて含めて1台のパソコンでこなそうとすると、やはりMacBook Airより、Proの方が良いかなぁ、と。

あとから知ったのですが、MacBook Proを注文するとき、いろいろカスタマイズして動作を早くしたり、容量を増やしたりするオプションがあるそう。

今はMacBook自体、値上げで高くなってしまいましたが、また何年かしたら為替のチャンスを狙い、フルスペックにカスタマイズしたMacBookを買いたいと思っています。

楽天市場でMacBook Pro Retinaの価格ランキングを見る