Mac初心者が感じたウィンドウズとMacの違い

初めて使ったパソコンは、SOTEC社のパソコン(OSはウィンドウズ)。

以来、ウィンドウズ一筋でしたが、Mac(apple社のパソコン)で使いたいソフトがあったため、生まれて初めて、アップルストアに行き、Macのノートパソコンを購入。

ここでは、Mac初心者の私が感じた、ウィンドウズとMacのパソコンの違いを比較しています。

ウィンドウズのポイントは汎用性
ウィンドウズソフトが多い。使用者も多いので、ファイル交換も簡単。汎用性も高く、様々なソフトを使うことができます。まぁ、大半のPCユーザーはウィンドウズが主流なので、使えるソフトも豊富。

何か問題が起きても、情報がたくさんあるので、問題を解決しやすいのが特徴。ネットで調べれば、たいていの問題は解決できます。

反面、ウィルスに狙われて不正なプログラムを仕込まれることがあるので、ウィルス対策は必須。アップデートが異様に多いのも、何とからならないものですかね。

Mac

アップルMacでしか使えないソフトがあって、そのためにMacBook Pro Retinaを購入しました(ガレージバンドロジックプロという音楽制作ソフトを使うため)。

ウィンドウズ一筋だったので、トラックパッドを使った操作が難しく感じました。いわゆる右クリックがなく、独自のキーボード操作やショートカット入力がたくさんあるので、それを覚えまでが大変でした。ただ、慣れると操作はとても便利です。

「Macはグラフィックがすごい」と言われますが、確かにとても画像がキレイです。写真好きな人なら、撮った写真をMacで見ると感動するかも(Reinaディスプレイだからかもしれませんが)。

まとめると

ネットをしたり、文章を作成する程度くらいであるなら、Mac、ウィンドウズ、どちらのパソコンでも問題ないと思います。仕事でパソコンを使う場合は、やはりウィンドウズが汎用性が高くて良いと思います。

ウィンドウズの場合、使えるソフトも多いですし、使っている人も多いので、情報交換も容易です。問題が起きた時もネットで解決策を調べやすいですし。

デザイン関係の仕事や音楽をパソコンで編集&作曲&録音したいという場合はMac一択かも。パソコン自体のフォルムも良いので、おしゃれな感じがします。

ただ、Macの場合、パソコンが高額なのと、サポートがウィンドウズ系のパソコンに比べて充実しているとは言えないので、パソコンは「ネットをやるか文章を書くくらい」という人には必要ないかも。

ただ、Macでしか使えないソフトのなかには、とても良いソフトがあるので、「それを使いたい!」という場合は、Macに挑戦してみるとよいかもしれません。