人生は発見と挑戦の連続。『LIFE!/ライフ』を観る

LIFE!/ライフ [DVD]

人生は変えようと思えば変えられる。「人生を変えよう!」と思った日から。

ベン・スティラー主演映画『LIFE!/ライフ』(原題:The Secret Life of Walter Mitty)の感想です。

あらすじ

「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」という社是を持つ有名誌『LIFE』のネガフィルム部で働くウォルター(ベン・スティラー)は、真面目で実直な男だが、冴えない日々を送っていた。

密かに思いを寄せる同僚のシェリル(クリステン・ウィグ)がオンラインの出会いサイトに登録していることを知り、アプローチしょうとするもそれもダメ。

そんなある日、会社が買収され、『LIFE』はオンライン専門の雑誌になることが決定。ウォルターは、最後の雑誌の表紙を飾る写真を冒険家のショーン(ショーン・ペン)から受け取られるはずだったが・・・。

トレイラーはこちら

感想など

心に余韻が残る素晴らしい映画でした。

人生とはなんだろう?まるで10代の真っ白だった頃のように、映画を観終わったあと、自分の人生について考えてしまいました。

映画の主演&監督はベン・スティラー。ベン・スティラーというとコメディ系の映画のイメージが強いですが、この映画は違います。

映画を観るまでは、軽いノリのほっこりしたヒューマンドラマをイメージしていたのですが、コメディのような笑えるノリも入りつつ、さわやかでロードムービーのような壮大さ、開放感を感じた映画でした。

失われた25番目のネガを求めて、ウォルターはグリーランドやアイスランドを旅するわけですが、ここでの景色も壮大でスゴイ!

旅から戻ったウォルターが、身近なところで「失くしたはずの大切なもの」を取り戻す瞬間は、メーテルリンク作、チルチルとミチルで有名な「青い鳥」の物語を思い起こさせます。

追いかけていた大切なもの、「人生」を写した素晴らしい写真のネガ。その正体が分かったとき、更に深い感動に包まれます。ネタばれは避けますが、「人生ってそういうもんだよね」というような、ジワジワと感動が胸を満たします。

久々、心から感動した映画でした。

蛇足ですが、この映画は英語オリジナルの音声で観た方がいいかも。吹き替えだと映画の主人公の魅力がかなり失われます。)

DVDの購入はこちら

LIFE!/ライフ [DVD]

コメント