ついにリアムの新作が!「For What It’s Worth」は最高すぎる件

アズ・ユー・ワー

Oasisの曲をYouTubeで聴いていると、なんとリアムの新曲を発見。それで調べてみると、なんと6日にソロアルバムが発売されることを初めて知ります。

発売日は6日。タイトルも『As You Were』とまぁ、Oasisファンだった自分としては心に響くタイトルです。

それで気になるのがどんな曲が収録されているのか、ということですが、YouTubeで公開されているのは3曲。特に、「For What It’s Worth」が最高過ぎてヤバイ。

コーラスの部分、リアムってあんな高い声を出すのかとOasis時代のリアム・ギャラガーのイメージが強い自分としては、なんというか新鮮。

おまけに歌詞も心にグイグイきます。

For what it’s worth, I’m sorry for the hurt

I’ll be the first to say, “I made my own mistakes”

For what it’s worth, I know it’s just a word and words betray

Sometimes we lose our way

For what it’s worth

「ときに道を間違ってしまうけど、俺はしっかりするよ」

勝手にそんなメッセージをこの歌詞から感じてしまいましたが、この曲を聴いたときに感じたのは、かつてのOasisの歌が持っていたような、力強い高揚感と祝福感です。

1stや2stの頃のOasisのアルバムは、聴いたあとになんだかとてつもなく大きな希望というか、言葉にできない何か大きな元気をもらったように感じたもの。

というのは、Oasisの歌にはいつも、「俺の人生はこれからだ、上へ登っていくぞ」という力強い意志とハングリーさがあったように感じたからです。

不思議なことに、「For What It’s Worth」を聴くと、それと同じような高揚感、祝福感を感じます。

この意味で、これから出るアルバムはとても楽しみ。どんな名曲が収録されているのか、発売を心待ちにしています。

アルバムの感想はこちら