この映画は閲覧注意。『凶悪』の感想

凶悪

人間の心の闇はこんなにも深い。

山田孝之、リリー・フランキー主演のダークサスペンス映画『凶悪』(2013年)の感想です。

あらすじ

雑誌記者の藤井(山田孝之)のもとに、ある死刑囚(ピエール瀧)が手紙が届く。その内容は、表には出ていない、ある凶悪犯罪を告発する内容だった。

その事件の首謀者は、”先生”と呼ばれる人物が黒幕で、死刑囚は先生の指示で行動していた下っ端だった。死刑囚は罪深い”先生”がのうのうと生きていることに憤り、藤井に”先生”を告発する記事を書いてくれるように依頼する。

藤井は、死刑囚の証言を取材、事件の真相に迫っていくが・・・。

トレイラーはこちら

感想など

いろんな意味でヘビーな映画です。映画の最初からサイコパスによる残虐シーンに不意打ちされ、映画を見終わった後は、何とも言えないやるせなさを感じます。

映画の内容(実話だそうです)のダークさもそうですが、暴力やグロなど描写が半端なくエグくて、正直この映画を2度以上観るのは気が引けます。

リリー・フランキー演じる”先生”の凶悪さはリアルサイコパスそのもので、人を殺めるのに、何の罪の意識もありません。

藤井に”先生”の罪を暴露し、後悔の念を持っているかのように思える死刑囚も、実際はとんでもないクズで、結局のところ先生を道連れにしたいだけ。

キリスト教徒になり、裁判で過去の罪に対して反省の色を見せるものの、その心の奥底の本音は、黒くよどんでおり、消し去ることのできない、「悪」の匂いを漂わせています。

結局、事件は”先生”が首謀者であるのは間違いないですが、”先生”のもとで手を汚した死刑囚も同罪。真実を明かそうとする記者の藤井は、正義感を燃えたぎらせ、悪への怒りをあらわにしていきます。

映画の最後、逮捕され無期懲役になった”先生”が、面会に来た藤井に、「一番私を殺したいのは、被害者でもなく、須藤(死刑囚のこと)でもなく・・・」と言うシーンがありますが、裁かれない悪への怒りをどう考えるかは、私達視聴者に委ねられています。

この映画は実在の事件をもとにした作品だそうですが、実際、今の世の中、おかしい事件はあって、こんなひどいことをする「凶悪」な人間がこの世の中にいるのも事実。

おぞましい残虐行為に、映画が終わったあとは後味が悪くて、複雑な気持ちになる映画です。

映画はこちら

凶悪

フォローする