だから本は、人生の友。『定年と読書』の読書感想

年をとっても、本を読む。

鷲田小彌太著『定年と読書』(文芸社)の読書感想です。

この本について

退職後の定年生活と読書について考える本。

退職後の豊かな時間をムダにしないために本を読むこと、本を読むことで得られることなど、気軽に読める読書のススメ本となっています。

以下、本書の読書メモです。

定年後の人生を考える(P22)

医療の発展など、人の寿命が伸び、余生が長くなった。

現代は人生80年。60年から定年を迎えるにして、残りの人生20年を、しっかり計画しておく必要がある。

本は読めば読むほど読みたくなる(P31)

読書の良いところは、1つの本を読むと、知的な刺激を受け、次々と読みたい本が見つかること。

読書には限界がなく、自分の好奇心次第で、無限に読みたい本を見つけることができる。本は本を呼ぶ

50歳を過ぎたら(P39)

人の顔にはその人の人格が現れる。

昔は「30歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」と言われたが、現在は、「50歳を過ぎたら」自分の顔に責任を持つこと。

顔には精神の荒廃、その人の生き様が現れる。勉強や知的なことに関心を持たない人は、顔に愚鈍さが出るが、本を読む人は違う。いい顔になっている。

人間の脳は使わないと衰える(P44)

人の知能の絶頂は25歳~34歳くらいまで。

35歳以降、脳をきちんと使わなければ、脳は衰える一方。しかし、脳は使いすぎて壊れることはない。日々新しい刺激を与え、脳を活性化させる。

読書は脳を刺激する良いトレーニングになる。

老化の始まり=羞恥心の薄れ(P65)

廊下の影響が真っ先に現れるのは、恥を恥と思わなくなること。図々しくなり、知的なことに関心がなくなってしまう。

読みたい本を買えばいい(P83)

図書館で本を借りるより本は買う。借りるのを待つ時間がムダ。

タイム・イズ・マネー、時間は足したり増やしたりできない。読みたい本は、お金を払って「買う」ことで、時間を節約する。

老後の人生だからこそ、残された時間をムダにしてはいけない。

読書は世界を広げること(P100)

読書=世界と関わること

本を読むことで、世の中のことを知り、世界と関わることができる。世界にはいろんな人がいて、いろんな考え方があって、いろんな価値観がある。

本を読むことで、自分と世界をつなげ、自分の視野を広げていく。

読書は読みたいとき、読めるときに(P174)

読書のためにわざわざ時間を意識して作る必要はない。日常の細切れの時間、読めるときに読めばいい。

気合を入れず、楽しむこと。

感想など

定年を迎えるわけではない(私の仕事には定年がありません)のですが、読書術に興味があって読んでみた本。

「一線を退いた定年の人生を計画、読書で有意義なものにしよう」というのが本書のテーマで、本とどう向き合うか、読まない人生と読む人生はどう違うのか、読書話が楽しめます。

自由な時間、読みたい本、興味がある分野の本を気ままに買って、好きに読む。考えるだけで憧れてしまう読書ライフ。

何にも縛られるものがない老後の時間、好きな本、興味のある本買って読む。時間を忘れて、興味の赴くまま読む。

それが実現できる人生は、豊かな人生なのかもしれません。

本の購入はこちら

コメント