ウソで固めた家族の結末。『空中庭園』を観る

空中庭園 通常版 [DVD]

家族の決まりは何でも話すこと。隠し事を作らないこと。

角田光代原作、小泉今日子主演『空中庭園』(2005年)の感想です。

あらすじ

団地で暮らす主婦、絵里子の家族は「隠し事」のない家族。家族で何でも話題にし、どんな話でも、それが夫婦の性生活であれ、家族にオープンに話す。

しかし、絵里子の家族は皆、それぞれ「隠し事」を持っていた。夫には愛人が二人、娘は学校へ行ったフリの不登校、息子は万引き常習犯、そして絵里子自身、誰にも話さない秘密を抱えていた・・・。

トレイラーはこちら

感想など

ジワジワと震えが来る人間の心の闇を描いた物語でした。

いかにも平和でのどか、ゆったりした田園都市を舞台に演じられる「インチキ明るい家族」の「家族ごっこ」が、人の心のダークな部分、心の深淵を覗かせてくれます。

小泉今日子さん演じる絵里子が、なぜ「隠し事のない」家庭を作るに至ったのか、どのように家族作りを計画し、行動していったのかを語る独白シーンは迫力があり、電気を消して映画を見ると、ジワジワと悪寒が襲ってきます。

不幸な人生を良いものに「上書き」するため、善良な女の仮面をつけ、完全なる家族計画を策定。子どもを作る計画、相手の男、すべてを計算し、目的のために、ターゲットにした人々を捕食していく。

その結果出来たのは、空中庭園のような仮面家族。「隠し事のない」家族、しかし、家族みんな、秘密を持っている。恐ろしい物語です。

これは映画の話ですが、この映画の家族のような「隠し事のない」家族が現実世界にあるとすれば、それは真っ黒でドロドロしたものに違いありません。

しかし、何にもまして、小泉今日子さん演じる絵里子が怖いです。いつもニコニコ、穏やかで優しそうな人。しかし、一歩裏側を除くと、ドロドロギラギラ・・・。怒らせたらヤバい典型的な人ですが、こういう人は、案外多いのかもしれません。

DVDの購入はこちら

空中庭園 通常版 [DVD]

コメント