ポイントは人目線+ロボット目線。『最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座』を読む

最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座

現実的に良いサイトが上位表示されているわけではないが、将来的には良いサイトは上位表示されるようになる。

瀧内賢著『最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座』(秀和システム)の読書感想です。

スポンサーリンク

この本について

2017年10月時点における、グーグルのSEO対策について、「ライティング」という視点で詳細に解説されている本。

本書の特徴としては、巷で言われているような、

「ユーザー1st。読む人のためになる記事を書けば自然にSEOで上位表示できる!」

という理想論ではなく、

「ユーザー1stなのは当然だけど、現時点ではグーグルはコンテンツの品質の良し悪しを見分ける力はない。だからおかしなサイトが上位に表示されている現実がある!」

ということを主張。

その上で、

「大切なのは人+グーグルロボット対策の両方です。人とロボット、両方に適切にアプローチするための最適解はこのライティング術を習得することです」

という具合、SEO対策にために何をどうすればいいか、具体的に勉強することができます。

感想など

仕事柄、グーグルはよく使いますが、正直ランキングの基準はよく分かりません。

ときどき、

「なんでこのサイトが上に来てるの?」

というような不可解な結果になっていることもしばしば。この意味でやはり、グーグルもまだまだ完璧ではないというのは本書の主張するとおり。

では、このような状況において、SEO対策に成功して上位表示成功。ガンガンアクセスを集めるためには何が大切なのか。

それは、人目線+ロボット目線を配慮すること。

そこでタイトルタグの書き方、メタディスクリプションの記述法、キーワードの隣接など、本書ではその考え方について、具体的に述べられています。

個人的に特に参考になったのは、コンテンツの密度。それは文字数であったり、いろんな要素がりますが、

コンテンツ=質×量(P124)

という考え方は納得。

質がいいのは当たり前。その上で更に量が必要である。

これ以上、明確な回答はありません。ということで、2017年出版のSEO関連の本としては、特に、勉強になる+かつ具体的に実践ができる本でした。

出版は2017年10月なので、今後最新の状況とは変わる可能性もありますが、本書が主張している本質的な考え方については、SEOを学ぶ上で、とても勉強になります。

ある程度SEOの知識がありつつ、今後「王道」なSEO対策を検討されている方は、一読をおすすめしたい本です。

本の購入はこちら

コメント